Top Page > インデックスファンド > インデックスe(旧CMAM) > 日経225インデックスeの初回決算 実質コストは最安の年0.19%(税抜)

日経225インデックスeの初回決算 実質コストは最安の年0.19%(税抜)

新聞の株価欄

日経225インデックスeは、日経平均をベンチマークとする信託報酬0.19%(税抜)と最安の日本株式インデックスファンドです。

5月16日に初回の決算を迎え、運用報告書がUPされました。
2016年1月8日に設定された運用期間の短いファンドですが、実質コスト(=信託報酬+売買手数料や保管費用などその他にかかった費用を全て合わせたコスト)は0.19%(税抜)と期待通りの最安コストでした。



日経225インデックスe 初回の実質コストは年0.19%(税抜)

 日経225インデックスe 交付運用報告書 (PDF)


日経225インデックスeの運用報告書記載の(1万口あたりの)費用明細は以下の通りです。

日経225インデックスeの運用報告書記載の(1万口あたりの)費用明細

運用期間約4ヵ月での決算で、実質コストは高めになるかもと思っていましたが、信託報酬とほぼ変わらず、実質コストは約0.19%(=信託報酬0.19%×(7円/7円))でした。


日経平均インデックスファンドの中で信託報酬、実質コストとも最安となり、日経平均インデックスファンドを選ぶ場合はこの日経225インデックスeでよさそうです。

9月8日から運用が開始される超低コストのiFreeインデックスシリーズのiFree 日経225インデックスも信託報酬は年0.19%と日経225インデックスeと同一です。

インデックスeシリーズには、日経225インデックスeだけではなく、他のファンドも信託報酬引き下げ等に期待しています。



ご参考:

各インデックスシリーズの資産クラス毎の信託報酬、実質コストは以下の比較表にてまとめています(随時更新)。
日経225インデックスeの実質コストも追記しています。

低コストインデックスファンドの実質コスト完全比較 (2016年9月更新) - インデックス投資日記@川崎

関連記事



【theme : インデックス投資
【genre : 株式・投資・マネー

tag : 日経225インデックスe 実質コスト

プロフィール

kenz

Author:kenz
川崎在住の40代サラリーマンのkenz (けんず)です。
妻(専業主婦)と二人です。2007年からはじめたインデックス投資の日々を記録します。

FacebooktwitterGooglePlusRSS

follow us in feedly


【メディア掲載履歴】
・東証 マネ部!にインデックス投資手法と投資に対する考え方の記事が掲載”
・「東証 マネ部!」と「webR25」初心者にオススメの投資先”
・東証 マネ部! 人気投資ブロガーが推奨する“初心者向け投資法”
・BIG tomorrow2016年12月号増刊
・BIG tomorrowマネー2016年10月号
・ビッグトゥモロウ2016年8月号
・日経ヴェリタス 2016年2月14日号
・ザイ・オンライン2016年1月13日
・Yen SPA! (エンスパ) 2016年 冬号
・日経ヴェリタス2015年11月15日号
・週間SPA!(スパ!) 2015年10/27号
・日経ヴェリタス2015年4月5日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2015年 冬号
・日経ヴェリタス2014年7月6日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2014年 夏号
・Yen SPA! (エンスパ) 2013年 夏号
・日経ヴェリタス2012年6月24日号
・日経ヴェリタス2012年4月29日号
・ネットマネー2012年6月号
・読売新聞2012年1月5日朝刊
・ビッグトゥモロウ11年12月号
・『THE21』2011年10月号
・Yen SPA (エンスパ)2011年夏号


【リンク】
当ブログはリンクフリーです。どの記事もご自由にリンク下さい。

メール(管理人への連絡はこちら)

クリックでメールフォームを表示

カテゴリ


最新記事
検索 (ブログ or Web内)
カスタム検索
スポンサーリンク
カウンター
注意事項
最終的な投資判断については自己責任でお願いいたします。未来は予見できないため、当ブログ内の情報により被った損害について一切の責任を負いかねます。
スポンサー リンク
Facebook
月次ページランキング
ブログパーツ
はてなブックマーク
月別アーカイブ
逆アクセスランキング



他の多くのお役立ち投資関連ブログは以下からどうぞ。
人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
厳選相互リンク
fx 比較