2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

今月初のインデックスファンド購入 今回から日本株式はiFree TOPIXインデックスに変更

CATEGORY取引記録
世界市場

今月初となる日本、先進国、新興国株式の各インデックスファンド購入を先週16日金曜に行いました。
今回より日本株式クラスは、iFree TOPIXインデックスに変更しています。



日本株式、先進国株式、新興国株式インデックスファンドの追加購入

・日本株式(@SBI証券
   iFree TOPIXインデックス



・先進国株式(@SBI証券
   <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド   



・新興国株式(@SBI証券)
   Funds-i新興国株式インデックス 





日本株式クラスは、今回からiFree TOPIXインデックス購入に変更

日本株式クラスは今までは<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド(信託報酬0.29%)を購入していました。

今回より、9月8日より運用が始まったばかりの超低信託報酬のiFreeインデックスシリーズのTOPIXインデックスファンドであるiFree TOPIXインデックス(信託報酬0.19%)に変更しました。

運用が始まったばかりで実質コスト等はもちろん不明ですが、
から、変更しました。


日本株式以外の先進国、新興国株式クラスは低コストインデックスファンドの実質コスト完全比較の中で、実質コストが(運用報告書が発行され判明しているもの限定)低いものを選んでいます。

また上記ファンドは3つとも私がメインとしているSBI証券で購入しています。


先週金曜に購入したのは、単に今月まだ何も購入していなかったなと思っただけで特に意味のあるタイミングではありません。

アセットアロケーションの中で、先進国株式:新興国株式:日本株式=4:2:1の割合になるよう各ファンドの購入金額は微調整して順次資金投入しているだけの単純な作業ですが、今後も投資を継続していきます。
関連記事
スポンサーサイト