Top Page > ブログ > ブログ運用 > 「ブログ記事をパクられた!」と気づいた時に行った対処方法の紹介

「ブログ記事をパクられた!」と気づいた時に行った対処方法の紹介

ブログをパクられた驚きの顔

先日、当ブログ記事を明らかに盗用しているブログ記事を見つけました。
引用リンクもなく、書き方や内容、考察までほぼパクられていることが明確でしたが、完全コピペではなく、いわゆる「リライトしている」(追加の文章もそれっぽく入れている)というやっかいなパクリです。

対処に時間取られましたが、今はひとまず落ち着きました。
今後同様の経験をされる可能性のある方への参考のため、今回「パクられたことに気づいてから行ったこと」をお伝えします。



パクられたことに気づいてから行ったこと

ブログ記事をパクられると、Googleには重複コンテンツとみなされ、ペナルティを受ける(オリジナル記事の検索順位が下がる)可能性があります。

実際、検索結果の画面では、私の記事よりも、盗用ブロガーの記事の検索順位が上でした。
Google先生には今後の改善を期待したいです。





完全コピペの場合、Googleに通報するページもあるのですが、リライトされている(ネタ元は明らかに自分の記事)の場合、Googleも認めてくれない可能性が残ります。

今回、盗用ブロガーには以下手順で抗議しました。


1.ツイッターのDMにて、私の記事をパクっていることを抗議 (どの部分が理由でそう思ったかも連絡)

具体的な盗用個所を示し、盗用以外にはありえない記載個所を具体的に指摘したところ、相手も盗用を認め、当該パクリ記事を削除。








2.著作権に違反したと判断する記事をすべて削除するよう要請

相手は「リライト」と言い張るも、他記事を確認したところ、私のブログ記事での特有の表現や、私以外のインデックス投資系ブログ、サイトからの盗用が見受けられるため、著作権に違反したと判断する記事をすべて削除するよう要請。



結果、相手も他ブログ、サイトからの盗用を認め、多数のブログ記事を削除。
さらに今後、相手がブログ更新、ツイッター、Facebookの発信をしないことを約束してきました。

そのため、盗用ブログ名等の情報は私も公開していません。
(今後、万が一ブログをしれっと再開させる等の不誠実な対応を確認した場合は、もちろんその限りではありません)




リライトと称するパクリにメリットなし

今回は、相手が正直に盗用を認め、半ば自主的に記事削除の上、今後のブログ停止という形でまずは一段落しました。
ただ、私も相手もメッセージのやりとりやブログ記事の内容確認等多くの時間がかかりました。

相手によっては盗用を認めない可能性も多分にあり、立証等さらに時間が取られた可能性もあります。

どういう神経をしているのか理解できないのですが、丸パクリはもちろんのこと、記事盗用をリライトと称してパクるのは絶対ダメです。
自分も相手もみんな不幸になります。

参考にしたのなら、その記事をきちっと記事内で紹介し、著作権を守って、自分の言葉で正々堂々とブログを書くように心がけたいものです。
関連記事



【theme : ブログ
【genre : ブログ

tag : ブログ記事 盗用 リライトの対処法

プロフィール

kenz

Author:kenz
川崎在住の40代サラリーマンのkenz (けんず)です。
妻(専業主婦)と二人です。2007年からはじめたインデックス投資の日々を記録します。

FacebooktwitterGooglePlusRSS

follow us in feedly


【メディア掲載履歴】
・東証 マネ部!にインデックス投資手法と投資に対する考え方の記事が掲載”
・「東証 マネ部!」と「webR25」初心者にオススメの投資先”
・東証 マネ部! 人気投資ブロガーが推奨する“初心者向け投資法”
・BIG tomorrow2016年12月号増刊
・BIG tomorrowマネー2016年10月号
・ビッグトゥモロウ2016年8月号
・日経ヴェリタス 2016年2月14日号
・ザイ・オンライン2016年1月13日
・Yen SPA! (エンスパ) 2016年 冬号
・日経ヴェリタス2015年11月15日号
・週間SPA!(スパ!) 2015年10/27号
・日経ヴェリタス2015年4月5日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2015年 冬号
・日経ヴェリタス2014年7月6日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2014年 夏号
・Yen SPA! (エンスパ) 2013年 夏号
・日経ヴェリタス2012年6月24日号
・日経ヴェリタス2012年4月29日号
・ネットマネー2012年6月号
・読売新聞2012年1月5日朝刊
・ビッグトゥモロウ11年12月号
・『THE21』2011年10月号
・Yen SPA (エンスパ)2011年夏号


【リンク】
当ブログはリンクフリーです。どの記事もご自由にリンク下さい。

メール(管理人への連絡はこちら)

クリックでメールフォームを表示

カテゴリ


最新記事
検索 (ブログ or Web内)
カスタム検索
スポンサーリンク
カウンター
注意事項
最終的な投資判断については自己責任でお願いいたします。未来は予見できないため、当ブログ内の情報により被った損害について一切の責任を負いかねます。
スポンサー リンク
Facebook
月次ページランキング
ブログパーツ
はてなブックマーク
月別アーカイブ
逆アクセスランキング



他の多くのお役立ち投資関連ブログは以下からどうぞ。
人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
厳選相互リンク
fx 比較