Top Page > インデックスファンド > ニッセイ > <購入・換金手数料なし>ニッセイインデックスシリーズの信託報酬を近く引き下げとの報道

<購入・換金手数料なし>ニッセイインデックスシリーズの信託報酬を近く引き下げとの報道

競馬

ニッセイインデックスシリーズのうち、<購入・換金手数料なし>シリーズ8本の信託報酬をiFreeインデックスシリーズよりも引き下げる見込みとの日経新聞報道がありました。



<購入・換金手数料なし>シリーズ8本の信託報酬をiFreeインデックスシリーズよりも引き下げる見込み

 個人型DCに割安投信続々、数百万円お得も | 日本経済新聞 (有料記事ですが無料登録で全文読めます)

複数の投信販売会社の幹部は「ニッセイアセットは近く、購入・換金手数料なしシリーズの投信8本全部を、同じ資産クラスのiFreeをよりに引き下げると聞いている」と口をそろえる。

 (注:日本語誤記は原文ママ)


ニッセイインデックスシリーズは、超低コストインデックス化競争の先駆けとなったインデックスシリーズであり、実際2015年11月には、<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド等3ファンドが信託報酬を大幅に引き下げています。

この時、事前に今回と同じ日経がニッセイインデックスシリーズが11月より信託報酬を引き下げとの報道をしており、信憑性も大いに期待できます。
前回は、三井住友DCインデックスシリーズよりも信託報酬を引き下げるとの報道でしたが、現在は、より低信託報酬のiFreeインデックスシリーズが登場しており、今度はiFreeシリーズを下回る信託報酬に引き下げてくるとのことです。

「インデックスファンドは徹底的にコストにこだわらないとダメなんです!」にもあるように、「超低コストインデックスファンドの地位は渡さない」というニッセイアセットの意気込みが期待できます。


以下が、<購入・換金手数料なし>ニッセイインデックスシリーズ8本の信託報酬とiFreeインデックスシリーズの同資産クラスの信託報酬を併記した一覧表です。

<購入・換金手数料なし>ニッセイインデックスシリーズ8本
 ファンド 信託報酬(税抜)iFreeシリーズの同資産クラスインデックスファンドの信託報酬(税抜) ベンチマーク  
 <購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド 0.29% 0.19%TOPIX(配当込み)
 <購入・換金手数料なし>ニッセイJPX日経400インデックスファンド 0.31% 0.205%JPX日経インデックス400(配当込み)
 <購入・換金手数料なし>ニッセイ国内債券インデックスファンド 0.15% 0.14%NOMURA-BPI総合
 <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド 0.24% 0.21%MSCI KOKUSAIインデックス(配当込み)
 <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国債券インデックスファンド 0.20% 0.18%シティ世界国債インデックス(除く日本)
 <購入・換金手数料なし> ニッセイJリートインデックスファンド 0.335% 0.29%東証REIT指数(配当込み)
 <購入・換金手数料なし>ニッセイグローバルリートインデックスファンド 0.45%該当ファンドなしS&Pグローバルリートインデックス(除く日本、配当込み
 <購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型) 0.34% 該当ファンドなし TOPIX(配当込み)、NOMURA-BPI総合、MSCIコクサイ・インデックス(配当込)、シティ世界国債インデックス(除く日本)を25%ずつ組合せた合成指数


 参考記事: 低コストインデックスファンドの実質コスト完全比較 (2016年10月更新)


<購入・換金手数料なし>シリーズ8本の信託報酬が、黄色部分のiFreeインデックスシリーズの信託報酬よりも引き下げてくるとなると超低コスト競争に拍車がかかりそうです。

<購入・換金手数料なし>ニッセイグローバルリートインデックスファンド<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)の2ファンドは、iFreeシリーズに同資産クラスのファンドがありませんが、前者は、iFree 外国REITインデックスの信託報酬0.31%、後者は投資4資産クラスのインデックスファンドの信託報酬引き下げに合わせ、信託報酬を下げてきそうです。

現在のアセットアロケーションと構成ファンド・ETF 一覧でお伝えしたように私も、<購入・換金手数料なし>シリーズ5本を保有、投資しており、同シリーズの信託報酬引き下げには大いに期待しています。




ニッセイアセットからの正式発表に期待

個人型DCと一般の投信がお互いに影響を与えあいながら、低コスト化がさらに加速する形。個人投資家にとっては、自分の知識と判断次第で低コスト化の恩恵を大きく受けられる環境になっている。


まさに書かれているとおりで、少しの基本的な知識と検索能力があれば、誰でも以前に比べて低コストで国際分散投資できる時代になりました。

これからは低コストのファンドを選ぶか、ぼったくりファンドを勧められるまま選ぶかでよりいっそう投資結果の差が拡大することになりそうです。

信託報酬引き下げの真偽は不明ですが、前回の信託報酬引き下げ同様、今回もニッセイアセットマネジメントから正式発表があることに期待しています。


関連記事

 [2016.10.21追記]
 期待通り、正式発表がありました。
 <購入・換金手数料なし>ニッセイインデックスシリーズ7本の信託報酬引下げ(正式発表)
関連記事



【theme : インデックス投資
【genre : 株式・投資・マネー

tag : <購入・換金手数料なし>シリーズ 信託報酬

プロフィール

kenz

Author:kenz
川崎在住の40代サラリーマンのkenz (けんず)です。
妻(専業主婦)と二人です。2007年からはじめたインデックス投資の日々を記録します。

FacebooktwitterGooglePlusRSS

follow us in feedly


【メディア掲載履歴】
・「東証 マネ部!」と「webR25」初心者にオススメの投資先”
・東証 マネ部! 人気投資ブロガーが推奨する“初心者向け投資法”
・BIG tomorrow2016年12月号増刊
・BIG tomorrowマネー2016年10月号
・ビッグトゥモロウ2016年8月号
・日経ヴェリタス 2016年2月14日号
・ザイ・オンライン2016年1月13日
・Yen SPA! (エンスパ) 2016年 冬号
・日経ヴェリタス2015年11月15日号
・週間SPA!(スパ!) 2015年10/27号
・日経ヴェリタス2015年4月5日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2015年 冬号
・日経ヴェリタス2014年7月6日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2014年 夏号
・Yen SPA! (エンスパ) 2013年 夏号
・日経ヴェリタス2012年6月24日号
・日経ヴェリタス2012年4月29日号
・ネットマネー2012年6月号
・読売新聞2012年1月5日朝刊
・ビッグトゥモロウ11年12月号
・『THE21』2011年10月号
・Yen SPA (エンスパ)2011年夏号


【リンク】
当ブログはリンクフリーです。どの記事もご自由にリンク下さい。

メール(管理人への連絡はこちら)

クリックでメールフォームを表示

カテゴリ


最新記事
検索 (ブログ or Web内)
カスタム検索
スポンサーリンク
カウンター
注意事項
最終的な投資判断については自己責任でお願いいたします。未来は予見できないため、当ブログ内の情報により被った損害について一切の責任を負いかねます。
スポンサー リンク
Facebook
月次ページランキング
ブログパーツ
はてなブックマーク
月別アーカイブ
逆アクセスランキング



他の多くのお役立ち投資関連ブログは以下からどうぞ。
人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
厳選相互リンク
fx 比較