2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

低コストインデックスファンドの実質コスト比較 たわらノーロードの実質コスト追記(2016年12月)

データ分析

低コストインデックスファンドの実質コスト完全比較一覧を最新版に更新しました。

iFreeインデックスシリーズ追加による更新以降、今回は、2016年11月に信託報酬が引き下げられたニッセイインデックスシリーズ全9ファンドの信託報酬や、たわらノーロードシリーズの初回実質コストも反映しています。



低コストインデックスファンドの信託報酬、実質コスト比較表を最新版に更新 (2016年12月10日更新)



信託報酬の更新

2016年11月に7ファンドの信託報酬が引き下げられたニッセイインデックスシリーズの信託報酬を反映しました。



実質コストの更新

運用報告書がアップされた以下の実質コストを更新しました。


これにより、たわらノーロードシリーズは、たわらノーロード 先進国株式やたわらノーロード 新興国株式等6ファンドで、資産クラス別の実質コスト最安となっています。

来月1月には、ニッセイインデックスシリーズの実質コストも判明予定です。

各ファンドの信託報酬、実質コストについては、今後も以下記事に順次追加予定です。

低コストインデックスファンドの実質コスト完全比較 (2016年12月更新) - インデックス投資日記@川崎

関連記事
スポンサーサイト