Top Page > インデックスファンド > ニッセイ > ニッセイ外国株式インデックスファンド等6ファンドの実質コスト一覧(2017年1月)

ニッセイ外国株式インデックスファンド等6ファンドの実質コスト一覧(2017年1月)

ファンドの基準価額

ニッセイインデックスシリーズのうち、、11月21日に決算を迎えたニッセイ外国株式インデックスファンド等6ファンドの運用報告書から計算した各ファンドの実質コスト(信託報酬 + その他費用)をまとめました。



ニッセイインデックスシリーズのうち6ファンドの実質コスト更新 (2017年1月版)

運用報告書には税込でのコストも表示されていますが、過去の本ブログの実質コスト記事との比較の連続性のため、以前と同じ計算方法での実質コスト(税抜)を以下に掲載します。

11月21日に決算を迎えた6ファンドは、いずれも分配金は0円です。(普通分配金での税金はかかっていません)
また、うち5ファンドは11月22日より信託報酬が引き下げられています。

以下表の右から2列目の黄色部分が、引き下げ前の旧信託報酬で計算した実績の実質コストです。
一番右の列は、引き下げ後の信託報酬で計算した実質コスト(あくまで参考値)です。


ニッセイインデックスシリーズ 6ファンド(2016年11月21日決算)の実質コスト
 ファンド 旧信託報酬(税抜) 現信託報酬(税抜)信託報酬  その他 実質コスト(税抜)
 決算期間中の旧信託報酬での計算値現信託報酬時での計算値(参考)
 <購入・換金手数料なし>ニッセイJPX日経400インデックスファンド 0.31% 0.195% 32円 2円 0.33%0.21%
 <購入・換金手数料なし>ニッセイ国内債券インデックスファンド 0.15% 0.145% 17円 1円 0.16%0.15%
 <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド 0.24% 0.20% 30円 13円 0.34%0.29%
 <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国債券インデックスファンド 0.20% 0.17% 23円 7円 0.26%0.22%
 <購入・換金手数料なし>ニッセイグローバルリートインデックスファンド 0.45% 0.27% 65円 14円 0.55%0.33%
 <購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型) 0.34% 36円 5円 0.39% -


前回の実質コストは、ニッセイ外国株式インデックスファンド等6ファンドの実質コスト判明(2016年1月)をご覧ください。





ニッセイ外国株式インデックスファンド 配当込みベンチマークとのトラッキングエラーは -0.2%と優秀

皆さん注目のニッセイ外国株式インデックスファンドの運用報告書には以下記載があります。

 <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド 第3期運用報告書 | ニッセイアセットマネジメント (PDF)

当期の基準価額騰落率は-8.0%となり、ベンチマーク騰落率(-7.8%)との差異は-0.2%となりました。
設定・解約に伴うキャッシュフローの影響により、市場が大きく変動する局面で通常の水準と比較して大きなベンチマークとのかい離が生じた日もありましたが、期を通じてみると、信託報酬の影響を除き、おおむねベンチマークに連動した運用となりました。



ニッセイ外国株式インデックスファンドは、11月10日にベンチマークに0.27%-0.28%程度下方乖離したと大手掲示板や一部投資ブログで狂ったような騒ぎになっていましたが、結局その日を含む期中1年間のファンドのリターンは、期中の信託報酬0.24%(税抜)程度の年0.2%だけ、配当込みベンチマークより下方乖離する程度で優秀です。

結局、日によっては上振れするときもあったことになり、ブレ自体はもちろんないに越したことはないのですが、1日の乖離で大騒ぎするのではなく、最低でも年間単位で評価したいところです。





たわらノーロード 先進国株式の方が実質コストも低く、マザーファンドも巨大

ただし、ニッセイ外国株式インデックスファンドの実績値となる実質コストは年0.34%(税抜)と信託報酬以外のコストが大きく、引き下げ後の現信託報酬で計算した実質コストでも、参考実質コスト年0.29%となります。

これは、たわらノーロードシリーズのうち7ファンドの初の実質コスト判明でお伝えした、たわらノーロード 先進国株式の実質コスト0.26%(税抜)よりも高コストです。

やはり、たわらノーロード 先進国株式のマザーファンドの規模が、ニッセイ外国株式インデックスファンドのマザーファンドより大きいためと考えられます。

現在のアセットアロケーションと構成ファンド・ETF 一覧(2016年7月)にて「運用報告書にてトラッキングエラーや実質コストを確認後、たわらノーロードシリーズへの変更可能性も考えています」と書いたように、先進国株式クラスは現在購入しているニッセイ外国株式インデックスファンドから最も実質コストの低い「たわらノーロード 先進国株式」への変更も検討しています。
(信託報酬より実質コストをより重視しています)

どんどん低コストのインデックスファンドが登場してきており、うれしい悩みとなりそうです。


今回の実質コストは、以下にも反映しておきました。

 低コストインデックスファンドの実質コスト完全比較 (2017年1月更新)



関連記事

 [2017.01.21追記]
 ニッセイインデックスシリーズ全9ファンドの信託報酬、実質コスト一覧(2017年1月)
関連記事



【theme : インデックス投資
【genre : 株式・投資・マネー

tag : ニッセイ外国株式インデックスファンド 実質コスト

プロフィール

kenz

Author:kenz
川崎在住の40代サラリーマンのkenz (けんず)です。
妻(専業主婦)と二人です。2007年からはじめたインデックス投資の日々を記録します。

FacebooktwitterGooglePlusRSS

follow us in feedly


【メディア掲載履歴】
・東証 マネ部!にインデックス投資手法と投資に対する考え方の記事が掲載”
・「東証 マネ部!」と「webR25」初心者にオススメの投資先”
・東証 マネ部! 人気投資ブロガーが推奨する“初心者向け投資法”
・BIG tomorrow2016年12月号増刊
・BIG tomorrowマネー2016年10月号
・ビッグトゥモロウ2016年8月号
・日経ヴェリタス 2016年2月14日号
・ザイ・オンライン2016年1月13日
・Yen SPA! (エンスパ) 2016年 冬号
・日経ヴェリタス2015年11月15日号
・週間SPA!(スパ!) 2015年10/27号
・日経ヴェリタス2015年4月5日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2015年 冬号
・日経ヴェリタス2014年7月6日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2014年 夏号
・Yen SPA! (エンスパ) 2013年 夏号
・日経ヴェリタス2012年6月24日号
・日経ヴェリタス2012年4月29日号
・ネットマネー2012年6月号
・読売新聞2012年1月5日朝刊
・ビッグトゥモロウ11年12月号
・『THE21』2011年10月号
・Yen SPA (エンスパ)2011年夏号


【リンク】
当ブログはリンクフリーです。どの記事もご自由にリンク下さい。

メール(管理人への連絡はこちら)

クリックでメールフォームを表示

カテゴリ


最新記事
検索 (ブログ or Web内)
カスタム検索
スポンサーリンク
カウンター
注意事項
最終的な投資判断については自己責任でお願いいたします。未来は予見できないため、当ブログ内の情報により被った損害について一切の責任を負いかねます。
スポンサー リンク
Facebook
月次ページランキング
ブログパーツ
はてなブックマーク
月別アーカイブ
逆アクセスランキング



他の多くのお役立ち投資関連ブログは以下からどうぞ。
人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
厳選相互リンク
fx 比較