2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

月光!マネー学 心静かにお金を増やすための91のルール

CATEGORY図書
「月光!マネー学 心静かにお金を増やすための91のルール」(田村正之著)を読みました。

月光とは、金融界の一部で月の運用と呼ばれる「インデックス投信」を使った分散、長期、低コストの運用法を著者が月光投資法を名付けたことからきています。



まず最初にお勧めの投資手法として、上記インデックス投資をわかりやすく以下のキーワードで解説しています。


  • 長期投資(分散+長期の組み合わせが重要)

  • 複利効果、低コスト、積み立てドルコスト平均法



ここは、当ブログでも毎回主張している内容と同じで、初心者にもお勧めできる内容です。




また、国債(通常の利付国債と個人向け国債)、外国債券についても税制を含めて解説されており、既に知識のある方も読んでみると理解している内容が整理できると思います。

個人的に一番役に立ったのは、「トホホな商品にサヨナラを」の章です。

外貨預金、リスク限定型投信など、金融機関側に一方的に有利な買ってはいけない商品を取り上げているのですが、その中で、「元本保証型変額年金」についての説明がわかりやすかったです。
「元本保証型変額年金」がいかに高コストで買う側が不利かを具体例をあげて説明されています。

結局、変額年金を買うより、「自分で低コストインデックスファンドで運用した方が良い」という至極当然の結論になっています。(自分自身で元本保証型にしたい場合の具体例も示されています)

他、年金や住宅ローンについても有利な方法が載っていて資産運用だけでなく、後半はお得な家計術の紹介になっています。全般的に非常に堅実な方法が書かれており、大変読みやすいのです。

未読の方は機会があればぜひ一度ご覧ください。
関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

2Comments

There are no comments yet.

sk

No title

こんばんは。

田村さんの「しぶとい分散投資術」は呼んでたのですが、この本は知らなかったです。
読んでみようと思います。

田村さんの本は、まとまっていて自分としてはすごく読みやすいです。

円高株安になってますね。不謹慎かもですが、もっと下がってほしいです^^

kenz

>skさん
田村さんの本は読みやすいですね。この本もお勧めです。
もっと株安円高を期待して注文したら戻してきちゃいました。。