Top Page > 金融機関サービス > SBI証券 > SBI証券 投資信託がスポット、積立買付とも100円から購入可能に

SBI証券 投資信託がスポット、積立買付とも100円から購入可能に

自動車レース

先日、楽天証券が、投資信託が100円から購入可能になる「100円投資」サービス」を開始するとお伝えしました。

やはり予想通り、SBI証券も100円から投資信託が購入できるようになります。(しかも明日5月25日からスタート)



SBI証券 スポット購入も積立ても500円から購入可能に!

 投資信託が100円から購入できるようになります!(5/25(木)発注分(予定)~) | SBI証券
 

従来、金額買付は1万円から、積立買付は500円の少額からお取引いただいていた投資信託をより多くのお客さまにご利用いただきたく、100円からご購入いただけるように変更します!



まとめると以下の通りです。

  • 金額買付(スポット購入): 1万円以上1円単位⇒100円以上1円単位に!(2017年5月25日AM3時ごろより)

  • 積立買付: 500円以上1円単位⇒100円以上1円単位に!(2017年7月初旬予定)




楽天証券 「100円投資」サービス 投資信託が100円から購入可能にでお伝えしたように、「後追いでもライバル証券のサービスに追随してくることの多いSBI証券がどうするかにも注目しています。」と書きました。

予想通り、私もメインとしているSBI証券も、楽天証券と同じようにファンドの最低買付単位を100円にしてきました。
しかも、楽天証券が「100円投資」サービスを5月27日から開始するのに対し、SBI証券はその前の明日5月25日より金額購入でのサービスを開始します。

積立購入の最低金額100円への変更は7月初旬予定とのことですが、SBI証券は既に積立であれば500円から購入できるので特に問題はないでしょう。

よくこういう証券会社のサービス向上のニュースをみて、「100円」を投資しても資産形成できないと主張する勘違いブログも見かけたりしますがそういうことではなく、1回の投資金額が少なくても、個々のアセットアロケーションに合わせた比率で各資産ごとに細かく配分でき、利便性格段によくなります。

株式の配当やETFの分配金が証券口座に入金されても、100円からスポット購入できるので、1万円未満の少額でもすぐに再投資もしやすいです。

ニッセイインデックスシリーズeMAXIS Slimシリーズなど続々と超低コストのファンドが登場する中、100円あればファンドが買える良い時代になりました。

今後も各証券会社のサービスの向上に期待しています。
関連記事



【theme : インデックス投資
【genre : 株式・投資・マネー

tag : SBI証券 100円購入 投資信託

プロフィール

kenz

Author:kenz
川崎在住の40代サラリーマンのkenz (けんず)です。
妻(専業主婦)と二人です。2007年からはじめたインデックス投資の日々を記録します。

FacebooktwitterGooglePlusRSS

follow us in feedly


【メディア掲載履歴】
・東証 マネ部!にインデックス投資手法と投資に対する考え方の記事が掲載”
・「東証 マネ部!」と「webR25」初心者にオススメの投資先”
・東証 マネ部! 人気投資ブロガーが推奨する“初心者向け投資法”
・BIG tomorrow2016年12月号増刊
・BIG tomorrowマネー2016年10月号
・ビッグトゥモロウ2016年8月号
・日経ヴェリタス 2016年2月14日号
・ザイ・オンライン2016年1月13日
・Yen SPA! (エンスパ) 2016年 冬号
・日経ヴェリタス2015年11月15日号
・週間SPA!(スパ!) 2015年10/27号
・日経ヴェリタス2015年4月5日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2015年 冬号
・日経ヴェリタス2014年7月6日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2014年 夏号
・Yen SPA! (エンスパ) 2013年 夏号
・日経ヴェリタス2012年6月24日号
・日経ヴェリタス2012年4月29日号
・ネットマネー2012年6月号
・読売新聞2012年1月5日朝刊
・ビッグトゥモロウ11年12月号
・『THE21』2011年10月号
・Yen SPA (エンスパ)2011年夏号


【リンク】
当ブログはリンクフリーです。どの記事もご自由にリンク下さい。

メール(管理人への連絡はこちら)

クリックでメールフォームを表示

カテゴリ


最新記事
検索 (ブログ or Web内)
カスタム検索
スポンサーリンク
カウンター
注意事項
最終的な投資判断については自己責任でお願いいたします。未来は予見できないため、当ブログ内の情報により被った損害について一切の責任を負いかねます。
スポンサー リンク
Facebook
月次ページランキング
ブログパーツ
はてなブックマーク
月別アーカイブ
逆アクセスランキング



他の多くのお役立ち投資関連ブログは以下からどうぞ。
人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
厳選相互リンク
fx 比較