2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

オリックス銀行eダイレクト預金が夏の特別金利キャンペーン(満期1年0.25%等)を開始

パーセント%
オリックス銀行のインターネット専用預金である「eダイレクト預金」が、6月1日より定期預金キャンペーンを開始しています。

メジャーなネット銀行の中では比較的金利が高く、詳細を確認します。




オリックス銀行 eダイレクト預金 夏の特別金利キャンペーン


キャンペーン期間

2017年6月1日(木)~2017年7月31日(月)



定期預金金利(税引前)

eダイレクト預金は預入最低金額は100万円です。金利は以下となります。

  • 満期1年: 年0.25%

  • 満期2年: 年0.30%

  • 満期3年: 年0.35% (1000万円以上では年0.37%)

  • 満期5年: 年0.35% (1000万円以上では年0.37%)





オリックス銀行の定期預金キャンペーンは他銀行より高め

今年の夏のボーナス時期のキャンペーンとして、今回のオリックス銀行以外に、楽天銀行やソニー銀行も定期預金キャンペーンを既に発表しています。

ただ、楽天銀行の定期預金は、満期3ヵ月・年0.10%、満期2年・年0.15%、ソニー銀行の定期預金は、満期6ヵ月、1年、2年とも年0.15%でオリックス銀行より低金利です。

今後、後追いで、他のネット銀行がオリックス銀行より金利の高い定期預金キャンペーンを打ち出す可能性もありますが、100万円以上の定期預金を考える場合は、オリックス銀行 eダイレクト預金が今のところ有力候補です。

私もオリックス銀行でまとまった額を定期預金にしており、今月まもなく満期を迎えます。



今のところ、満期を迎えた分は、そのまま満期1年・年0.25%の定期預金に預け入れ予定です。

オリックス銀行のeダイレクト預金は、(キャッシュカードがない代わりに)他銀行への振込手数料が月2回まで無料であり、資金移動もネット上のみで完結します。
 参考: 他銀行へ無料振込できる全14の銀行まとめ(2012年8月更新版)


地方銀行のネット支店だともっと金利が良いところもありますが、他銀行への振込手数料が無料でないことがほとんどであり、利便性を考えるとオリックス銀行は有力候補の1つと思います。



オリックス銀行 eダイレクト預金の新規口座開設+定期預金で1500円もらえるキャンペーンも実施中

また、「夏の特別金利キャンペーン」と同じ期間である2017年6月1日(木)~2017年7月31日(月)に、eダイレクト預金の新規口座を開設し、満期1年、2年、3年、5年いずれかの定期預金を組むと、必ず1500円もらえるキャンペーンも同時開催中です。

eダイレクト預金の口座を持っていない方で、100万円以上定期預金を組む予定の方は新規口座開設キャンペーンを利用するのもありでしょう。
関連記事
スポンサーサイト