2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

楽天銀行の普通預金の大半を2週間定期預金(金利0.23%)に預入

CATEGORY楽天銀行
percentage

楽天銀行にて、自分名義の他行口座から振り込んだ資金限定で年0.23%の2週間定期預金にできるキャンペーンが行われています。

すぱいくさんの以下記事で知りました。
 楽天銀行2週間定期預金にご自分名義の他行口座から振り込んだ資金に適用する金利が新しく追加になりました | 1億円を貯めてみよう!chapter2



楽天銀行 年0.23%の2週間定期預金 実際に試してみました

 ご自分名義の他行口座から振り込んだ資金に適用する金利 円定期預金2週間もの 年0.23% | 楽天銀行


  • 満期期間: 2週間定期預金

  • 金利:年0.23%(税引前)

  • 最低預入金額:10万円

  • 資金の条件:自分名義の他行口座から振り込んだ資金限定(金融情勢等により予告なく変更もしくは中止し、または内容を変更する場合有)

  • キャンペーン期間:記載なし



満期がわずか2週間で利率は年0.23%と、条件は良いです。
ただ、その定期預金を利用するには、「自分名義の他行口座から振り込んだ資金」であることが必要です。

楽天銀行は、マネーブリッジと連携しておくと普通預金金利は年0.10%と他銀行の普通預金より高いため、私も当面の普通預金置き場としては楽天銀行においています。



楽天銀行⇒他銀行⇒楽天銀行 の資金もOK

試しに、楽天銀行から、他行(私の場合は、住信SBIネット銀行)に振り込み、住信SBIネット銀行から元の楽天銀行に振り込んだところ、無事にその資金が「自分名義の他行口座から振り込んだ資金」と認められ、無事に年0.23%の2週間定期預金にできました。

いざとなればネット上で途中解約もできるため、普通預金とほぼ同等の流動性で金利が倍以上の有利な金利だと思います。
私も楽天銀行にあった普通預金の大半を今回の年0.23%の2週間定期預金にしました。

無リスク資産の運用をあきらめるのではなく、少しの手間であれば他銀行からの資金を含め、金利の良い定期預金を使うべきと考えます。
ペイオフ上限の1000万円以下であれば、楽天銀行の2週間定期預金を積極的に利用しても良いでしょう。


関連記事

 [2017.09.11追記]
 楽天銀行 満期1ヵ月・金利0.21%のお手軽な定期預金キャンペーン中
関連記事
スポンサーサイト