2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

ニッセイ・インデックスバランスファンド(6資産均等型) 信託報酬最安バランスファンドとして登場

CATEGORYニッセイ
<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(6資産均等型) 基本投資割合

<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(6資産均等型)が、ニッセイ新興国株式インデックスファンドと同じ10月13日にニッセイインデックスシリーズに追加されました。



ニッセイ・インデックスバランスファンド(6資産均等型) 信託報酬最安のバランスファンド

 <購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(6資産均等型) | ニッセイアセットマネジメント

 <購入・換金手数料なし> ニッセイ・インデックスバランスファンド(6資産均等型)の設定について |  ニッセイアセットマネジメント (PDF)

ここで言う6資産とは、日本と先進国の株式と債券、REITです。(新興国は含まず)
1/6ずつの均等比率が基本比率です。

 

  • ファンド名:  <購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(6資産均等型)

  • 申込手数料: なし(=ノーロード)

  • 信託報酬: 年0.219%(税抜) (=委託会社0.099%+販売会社0.100%+受託会社0.020%)

  • 信託財産留保額: なし

  • 設定日: 2017年10月13日

  • 決算: 11月20日

  • ベンチマーク: 6資産の均等加重平均である合成ベンチマーク

  • 運用会社: ニッセイアセットマネジメント

  • 当初取扱会社: SBI証券楽天証券にて10月中に取扱い予定との記載あり




信託報酬最安のバランス型ファンド

ニッセイインデックスシリーズとしては、ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)に続いて2つ目のバランスファンドです。

ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)が、日本と海外先進国の株式と債券の4つの資産クラスに投資するファンドであるのに対し、ニッセイ・インデックスバランスファンド(6資産均等型)は、日本リートと海外リートが加わっています。

信託報酬が、年0.219%とバランスファンドとして最も低く、ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)よりもリートは入れたい、かつ、新興国には投資したくない方には候補となるファンドと思います。

まだ販売会社はないとのことですが、10月中には、SBI証券と楽天証券で販売予定と書かれています。

ニッセイインデックスシリーズは、うち5ファンドが11月以降に順次信託報酬を最安値に下げるとのことで(⇒別途記事にします。ニッセイインデックスシリーズ5本の信託報酬が最安値に引下げられます )、今後も個人投資家にとって期待できそうです。



関連記事

 [2018.01.28追記]
 8資産均等型のバランスファンドが新規に登場します。
ニッセイ・インデックスバランスファンド(8資産均等型)が信託報酬最安で新登場
関連記事
スポンサーサイト