Top Page > インデックスファンド > SMT(旧STAM) > SMT 欧州株配当貴族インデックス・オープンなど3ファンドが新登場

SMT 欧州株配当貴族インデックス・オープンなど3ファンドが新登場

ユーロ紙幣

SMTインデックスシリーズに2017年11月28日より、10年以上連続で増配しているヨーロッパの株式に投資対象とするインデックスファンド等計3ファンドが追加されました。



SMT 欧州株配当貴族インデックス・オープン等3ファンドが新規に登場

  ファンドレポート 「本日よりSMT インデックスシリーズに新しいファンドが仲間入り」 | 三井住友トラスト・アセットマネジメント (PDF)


SMT インデックスシリーズに2017年11月28日に追加された3ファンドの信託報酬、ベンチマーク、決算日は以下の通りです。

SMT インデックスシリーズに2017年11月28日に追加された3ファンド
 ファンド信託報酬(税抜)ベンチマーク   決算日
SMT 欧州株配当貴族インデックス・オープン 0.55%S&P欧州350配当貴族指数(税引後配当込み)11月10日
SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジなし) 0.27%+投資対象ETFの信託報酬(0.25%~0.4%程度)LBMA金価格5月10日
11月10日
SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり) 0.27%+投資対象ETFの信託報酬(0.25%~0.4%程度)LBMA金価格(円ヘッジベース)5月10日
11月10日



SMT 欧州株配当貴族インデックス・オープン

SMT 欧州株配当貴族インデックス・オープンは、S&P欧州350配当貴族指数(税引後配当込み)をベンチマークとしています。
S&P欧州350配当貴族指数は、「S&P欧州350指数の構成銘柄のうち、10年以上連続して増配している銘柄を対象とし、均等加重時価総額に基づいて算出されます。」とのことで、41銘柄構成(2017年10月末時点)とのこと。

SMT 日本株配当貴族インデックス・オープンやSMT 米国株配当貴族インデックス・オープン同様、欧州地域の配当貴族インデックスファンドとなります。

SMT 日本株配当貴族インデックス・オープンのベンチマークであるS&P/JPX配当貴族指数の時価総額が約33兆円(2017年5月末時点)、SMT 米国株配当貴族インデックス・オープンのベンチマークであるS&P500配当貴族指数の時価総額が約113兆円(2017年5月末時点)であるのに対し、SMT 欧州株配当貴族インデックス・オープンのベンチマークであるS&P欧州350配当貴族指数の時価総額は、わずか1.2兆円(2017年10月末時点)と規模が小さいです。

好む方が多そうな配当貴族指数ですが、S&P欧州350配当貴族指数の規模は日本やアメリカよりずっと少ないため、ニッチな部分であることには注意が必要です。



SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジなし)、SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

SMTインデックスシリーズ初のゴールドインデックスファンドで、為替ヘッジなしとありの2ファンドが登場です。
ベンチマークは、それぞれ、LBMA金価格、LBMA金価格(円ヘッジベース)です。

ファミリーファンド方式となっていますが、投資対象マザーファンドは、iShares Gold TrustやSPDR Gold Sharesと言った海外ETFに投資するとのことで、信託報酬も 0.27%+投資対象ETFの信託報酬(0.25%~0.4%程度)とあいまいです。

i-mizuhoインデックスシリーズ  リート、コモディティファンド5本の実質コストでお伝えしたi-mizuho ゴールドインデックスも信託報酬年0.65%(=運用管理費用0.40%+投資対象ETFの信託報酬0.25%)であり、ほぼ似たようなファンドです。

為替ヘッジは、為替リスクの低減にはなりますが、信託報酬や実質コストとは別に為替ヘッジコストがかかり、ベンチマークであるLBMA金価格(円ヘッジベース)に織り込まれます。

ご参考: 為替ヘッジにかかる為替ヘッジコスト 金利差だけでは決まらないコストの仕組み

思わぬ為替ヘッジコストがかかる可能性があるため、注意が必要です。

私は、ゴールドは、株式や債券と異なり保有により本質的に富を生むものではないことから、本質特に投資対象とはしていません。
その割に株式や債券インデックスファンドより高コストなことが多いので、ご注意ください。

SMTインデックスシリーズは、ニッチな投資対象のファンドを増やし、今回の3ファンド追加で計28ファンドになっています。
信託報酬は最近の超低コストインデックスファンド競争に完全に乗り遅れており、SMT 欧州株配当貴族インデックス・オープンの信託報酬0.55%はずいぶん高く感じます。

メインのファンドにはならないので、純資産増加は難しそうです。
関連記事



【theme : インデックス投資
【genre : 株式・投資・マネー

tag : SMT欧州株配当貴族インデックス・オープン

プロフィール

kenz

Author:kenz
川崎在住の40代サラリーマンのケンズ (kenz)です。
妻(専業主婦)と二人です。2007年からはじめたインデックス投資の日々を記録します。

FacebooktwitterRSS

follow us in feedly



【メディア掲載履歴】
・ダイヤモンド・ザイ 2019年7月号
・ほったらかし投資完全ガイド 最新版
・ITmedia 個人投資家列伝
・Yen SPA! (エンスパ) 2019年 冬号
・株&投資信託大全
・投資信託完全ガイド
・日経ヴェリタス 2018年6月3日号
・日本経済新聞電子版 投信コラム
・「ほったらかし投資完全ガイド」
・東証 マネ部!にインデックス投資手法と投資に対する考え方の記事が掲載”
・「東証 マネ部!」と「webR25」初心者にオススメの投資先”
・東証 マネ部! 人気投資ブロガーが推奨する“初心者向け投資法”
・BIG tomorrow2016年12月号増刊
・BIG tomorrowマネー2016年10月号
・ビッグトゥモロウ2016年8月号
・日経ヴェリタス 2016年2月14日号
・ザイ・オンライン2016年1月13日
・Yen SPA! (エンスパ) 2016年 冬号
・日経ヴェリタス2015年11月15日号
・週間SPA!(スパ!) 2015年10/27号
・日経ヴェリタス2015年4月5日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2015年 冬号
・日経ヴェリタス2014年7月6日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2014年 夏号
・Yen SPA! (エンスパ) 2013年 夏号
・日経ヴェリタス2012年6月24日号
・日経ヴェリタス2012年4月29日号
・ネットマネー2012年6月号
・読売新聞2012年1月5日朝刊
・ビッグトゥモロウ11年12月号
・『THE21』2011年10月号
・Yen SPA (エンスパ)2011年夏号


【リンク】
当ブログはリンクフリーです。どの記事もご自由にリンク下さい。

メール(管理人への連絡はこちら)

クリックでメールフォームを表示

カテゴリ


最新記事
検索 (ブログ or Web内)
カスタム検索
スポンサーリンク
カウンター
注意事項
最終的な投資判断については自己責任でお願いいたします。未来は予見できないため、当ブログ内の情報により被った損害について一切の責任を負いかねます。
スポンサー リンク
Facebook
月次ページランキング
ブログパーツ
はてなブックマーク
月別アーカイブ
逆アクセスランキング



他の多くのお役立ち投資関連ブログは以下からどうぞ。
人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
厳選相互リンク
fx 比較