2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

シティ債券インデックスがFTSE債券インデックスに名称変更

CATEGORY先進国債券
ユーロ紙幣

ロンドン証券取引所グループがシティグループの債券インデックス事業を買収したことにより、先進国国債インデックスの代表的なベンチマークであるシティ世界国債インデックスの名称がFTSE世界国債インデックスに変更されています。

<2022年9月1日 リンク切れなどを修正>


シティ債券インデックスがFTSE債券インデックスに変更

 ロンドン証券取引所グループ、イールドブックおよび債券インデックス事業買収を完了 | FTSE Russell  ⇒リンク切れ
 

2017年8月31日、ロンドン証券取引所グループは、シティグループ・インク(以下「シティ」)からのイールドブックと債券インデックス事業のロンドン証券取引所グループの買収を完了いたしました。




 債券インデックスの名称変更に伴う信託約款変更のお知らせ | 三井住友アセットマネジメント (PDF)

具体的には、シティ世界国債インデックスほか、名称に「シティ」が含まれる債券インデックスの記載.が信託約款中にあるものについて、「シティ」の部分を「FTSE」に変更します。

変更日. 2018年1月16日.




最もメジャーな先進国債券指数である、シティ世界国債インデックスもFTSE世界国債インデックスに変更されています。
これにより、外国債券ファンドの一般的なベンチマークである「シティ世界国債インデックス(除く日本)」も、「FTSE世界国債インデックス(除く日本)」に変更されています。

各ファンドも交付目論見書を更新する際に、ベンチマークを順次「FTSE世界国債インデックス(除く日本)」に変更しています。

 例)  <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国債券インデックスファンド 目論見書 | ニッセイアセットマネジメント (PDF)

日本を除く主要国の国債に投資することにより、FTSE世界国債インデックス(除く日本、円換算ベース)に連動する投資成果をめざします。



今は、ファンドの概要説明や目論見書、月報に「シティ世界国債インデックス(除く日本)」と「FTSE世界国債インデックス(除く日本)」
が混在している状況です。

指数算出方法はどちらも同一で、違いは名称のみとのことで、投資家には一切影響はありません。

このブログでも今後のシティ債券指数は、すべてFTSE債券指数として記載します。
関連記事