Top Page > インデックスファンド > ニッセイ > ニッセイインデックスシリーズ6本の信託報酬が7月、8月に最安水準に引下げへ

ニッセイインデックスシリーズ6本の信託報酬が7月、8月に最安水準に引下げへ

ノートパソコンとコーヒーと金融データの紙

ニッセイインデックスシリーズは、eMAXIS Slimシリーズと並ぶ超低コストインデックスファンドシリーズです。
日本経済新聞によると、そのうちの2ファンドを7月に、4ファンドを8月にそれぞれ信託報酬を業界最低水準にまで引下げるとのことです。



ニッセイインデックスシリーズのうち、6ファンドが4回目の信託報酬引下げへ

 ニッセイAM、手数料下げ インデックス投信で  | 日本経済新聞電子版

ニッセイアセットマネジメントは投資信託の運用手数料を引き下げる。日経平均株価などに連動する「インデックス型」6本を対象に、引き下げは4回目。残高が積み上がったことで効率性が上がっており、手数料を業界最低水準まで引き下げることで顧客への還元を増やす。

 日経平均株価や外国株に連動するインデックス投信6本が対象で、7月に2本、8月に4本について実施する。運用手数料にあたる「信託報酬」の引き下げ幅はそれぞれ異なる。最大となるのは「新興国株式インデックス投信」で、現状の0.339%を0.189%と、0.15ポイント下げる。




ニッセイインデックスシリーズは記事内にも書かれているように、以下のように過去3回信託報酬を引き下げています。

2015年11月: ニッセイ外国株式インデックスファンド等3ファンドが信託報酬を大幅に引き下げ(正式発表!)
2016年11月: <購入・換金手数料なし>ニッセイインデックスシリーズ7本の信託報酬引下げ(正式発表)
2017年11月: ニッセイインデックスシリーズ5本の信託報酬が最安値に引下げられます


今回は、<購入・換金手数料なし>ニッセイ日経平均インデックスファンド(信託報酬0.169%)、<購入・換金手数料なし>ニッセイ新興国株式インデックスファンド(信託報酬0.339%)他4本の計6ファンドを業界最低水準に引き下げるとのこと。
過去の引下げは3回とも、決算日付近の11月に行ってきましたが、今回は7月、8月に信託報酬引下げをしてくるあたり、ニッセイアセットマネジメントの本気度が伺えます。

特に引き下げ幅最大のファンドとして、具体的には<購入・換金手数料なし>ニッセイ新興国株式インデックスファンドが、現在の信託報酬を0.339%から0.189%に引き下げると言うことで、あからさまに現時点で信託報酬最安の新興国株式インデックスファンドである、eMAXIS Slim 新興国株式インデックス(信託報酬0.19%)を意識した信託報酬引下げとなっています。

ただ、、eMAXIS Slimシリーズが、「他社ファンドの信託報酬に注意しながら機動的に信託報酬を引き下げることにより、業界最低水準の低コストを目指し続ける」と宣言し、実際にライバルのインデックスファンドが信託報酬を最安に引き下げてもすぐさま、同一の信託報酬に引下げてきています。

当然、eMAXIS Slim 新興国株式インデックスも信託報酬を現在の0.19%から0.189%に引下げてくるはずで、インデックスファンドの超低コスト争いはまだしばらくは続きそうです。

個人的には、アセットアロケーションの中核である先進国株式インデックスファンドの信託報酬引下げに期待したいです。
現時点では、私も購入しているeMAXIS Slim 先進国株式インデックス(信託報酬0.1095%)と<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド(信託報酬0.189%)が低コスト争いによって、信託報酬0.10%を切る先進国株式インデックスファンドが登場することに期待しています!

今後の詳細情報がわかりましたら、追って記事にします。

関連記事

 [2018.06.30追記]
 早速ニッセイアセットマネジメントの公式発表があり、詳細が判明しました。
 ニッセイインデックス6本の信託報酬引下げ詳細判明。ニッセイ先進国株は年0.109%!
関連記事



【theme : インデックス投資
【genre : 株式・投資・マネー

tag : ニッセイ新興国株式インデックスファンド

プロフィール

kenz

Author:kenz
川崎在住の40代サラリーマンのkenz (けんず)です。
妻(専業主婦)と二人です。2007年からはじめたインデックス投資の日々を記録します。

FacebooktwitterGooglePlusRSS

follow us in feedly



【メディア掲載履歴】
・投資信託完全ガイド
・日経ヴェリタス 2018年6月3日号
・日本経済新聞電子版 投信コラム
・「ほったらかし投資完全ガイド」
・東証 マネ部!にインデックス投資手法と投資に対する考え方の記事が掲載”
・「東証 マネ部!」と「webR25」初心者にオススメの投資先”
・東証 マネ部! 人気投資ブロガーが推奨する“初心者向け投資法”
・BIG tomorrow2016年12月号増刊
・BIG tomorrowマネー2016年10月号
・ビッグトゥモロウ2016年8月号
・日経ヴェリタス 2016年2月14日号
・ザイ・オンライン2016年1月13日
・Yen SPA! (エンスパ) 2016年 冬号
・日経ヴェリタス2015年11月15日号
・週間SPA!(スパ!) 2015年10/27号
・日経ヴェリタス2015年4月5日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2015年 冬号
・日経ヴェリタス2014年7月6日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2014年 夏号
・Yen SPA! (エンスパ) 2013年 夏号
・日経ヴェリタス2012年6月24日号
・日経ヴェリタス2012年4月29日号
・ネットマネー2012年6月号
・読売新聞2012年1月5日朝刊
・ビッグトゥモロウ11年12月号
・『THE21』2011年10月号
・Yen SPA (エンスパ)2011年夏号


【リンク】
当ブログはリンクフリーです。どの記事もご自由にリンク下さい。

メール(管理人への連絡はこちら)

クリックでメールフォームを表示

カテゴリ


最新記事
検索 (ブログ or Web内)
カスタム検索
スポンサーリンク
カウンター
注意事項
最終的な投資判断については自己責任でお願いいたします。未来は予見できないため、当ブログ内の情報により被った損害について一切の責任を負いかねます。
スポンサー リンク
Facebook
月次ページランキング
ブログパーツ
はてなブックマーク
月別アーカイブ
逆アクセスランキング



他の多くのお役立ち投資関連ブログは以下からどうぞ。
人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
厳選相互リンク
fx 比較