2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

ニッセイインデックスシリーズ 全13ファンドの信託報酬まとめ(2021年7月更新)

CATEGORYニッセイ
ノートパソコンと本、コーヒー

超低コストのインデックスファンドを揃えているニッセイインデックスファンド<購入・換金手数料なし>シリーズ 全13ファンドのラインナップ一覧を最新版に更新します。


ニッセイインデックスファンド<購入・換金手数料なし>シリーズ  計13ファンドのラインナップ (2021年7月8日更新)

ニッセイインデックスファンド<購入・換金手数料なし>シリーズ各ファンドの信託報酬、実質コストベンチマーク一覧は以下の通りです。
各資産クラスごとに現時点で信託報酬最安の場合は、信託報酬欄を薄黄色にしています。

 [2019.03.23追記] 
 前回2018年12月からの差分のあったコメントや実質コストについては表内に赤色文字で記載しています。
 ニッセイインデックスファンド<購入・換金手数料なし>シリーズ まとめ記事更新

 [2019.05.26追記]
 前回2019年3月からの差分のあったコメントや実質コストについては表内に赤色文字で記載しています。 
 ニッセイ<購入・換金手数料なし>シリーズ 信託報酬、実質コストまとめ更新

 [2019.07.01追記]
 ニッセイインデックスファンド<購入・換金手数料なし>シリーズのうち、6ファンドが2019年6月27日より信託報酬を引下げた内容を反映しました。
 前回から差分のあった箇所は、表内に赤色文字で記載しています。

 [2020.02.23追記]
 ニッセイ外国株式インデックスファンドが信託報酬を最安の年0.0930%に引下げたことを反映しました。

 [2020.06.29追記]
 <購入・換金手数料なし>ニッセイ世界株式ファンド(GDP型バスケット)の新規設定を表に反映しました。

 [2021.7.8追記]
情報を最新に更新しました。

ニッセイインデックスファンド<購入・換金手数料なし>シリーズ 全13ファンド一覧
 ファンド信託報酬(税抜)ベンチマーク補足
<購入・換金手数料なし>ニッセイ日経平均インデックスファンド 0.140%日経平均(配当込み)PayPay投信 日経225インデックス(信託報酬0.13%(税抜))が信託報酬最安。
<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド0.140%TOPIX(配当込み) eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)、iFree TOPIXインデックス(信託報酬0.140%)と同一の最安信託報酬。
<購入・換金手数料なし>ニッセイJPX日経400インデックスファンド0.195%JPX日経インデックス400(配当込み)iFree JPX日経400インデックス信託報酬0.195%)と並び信託報酬最安。 
<購入・換金手数料なし>ニッセイ国内債券インデックスファンド0.120%NOMURA-BPI総合eMAXIS Slim 国内債券インデックスSmart-i 国内債券インデックス(信託報酬0.12%)と同一の最安信託報酬。
 <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド 0.0930%MSCI KOKUSAIインデックス(配当込み)eMAXIS Slim 先進国株式インデックス(信託報酬0.0930%と同一の最安信託報酬。
 <購入・換金手数料なし> ニッセイ新興国株式インデックスファンド 0.189%MSCIエマージング・マーケット・インデックス(配当込み) eMAXIS Slim 新興国株式インデックス(信託報酬0.17%)が信託報酬最安。
<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国債券インデックスファンド0.14%FTSE世界国債インデックス(除く日本)eMAXIS Slim 先進国債券インデックスと同一の最安信託報酬。
<購入・換金手数料なし> ニッセイJリートインデックスファンド0.25%東証REIT指数(配当込み)eMAXIS Slim 国内リートインデックス、Smart-i Jリートインデックス(信託報酬0.17%)の方が信託報酬が低い。
<購入・換金手数料なし>ニッセイグローバルリートインデックスファンド0.27%S&Pグローバルリートインデックス(除く日本、配当込み) 新興国リートも含む海外リートインデックスファンドとして最安信託報酬。
 <購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)0.140%TOPIX(配当込み)、NOMURA-BPI総合、MSCIコクサイ・インデックス(配当込み)、FTSE世界国債インデックス(除く日本)を25%ずつ組合せた合成指数 信託報酬最安の4資産均等バランスファンド
 <購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(6資産均等型)0.159%6資産均等の合成指数 信託報酬最安の6資産均等バランスファンド
 <購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(8資産均等型)0.159%8資産均等の合成指数 eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)(信託報酬0.14%)に次ぐ信託報酬。
 <購入・換金手数料なし>ニッセイ世界株式ファンド(GDP型バスケット)0.104%3資産の加重平均の合成指数  




ニッセイインデックスファンド<購入・換金手数料なし>シリーズは、eMAXIS Slimシリーズと信託報酬最安の座をめぐって超低コスト化競争を繰り返しています。

eMAXIS Slimシリーズのラインナップにない4資産均等、6資産均等バランスファンドはニッセイインデックスファンドが単独で信託報酬最安です。


信託報酬がここまで低くなってくると単純に低コストだけでなく、トラッキングエラーの少なさなど運用精度に注目が集まるようになってきています。

ご参考:: ニッセイ外国株式インデックスファンド 11月10日のベンチマークとの乖離要因についての臨時レポート

リスク資産の運用の主力となる先進国株式クラスとして、ニッセイ外国株式インデックスファンドは純資産総額が現在は約3050億円と3000億円を突破しています。(2021年7月8日時点)

 ご参考: ニッセイ外国株式インデックスファンドの純資産が3000億円突破

ニッセイアセットマネジメントが運用するアクティブファンド含む全ファンドの中でも純資産総額首位のファンドです
今後も純資産総額の増大により、信託報酬の引下げはもちろん、運用もより行いやすくなっていくことに期待しています。
関連記事