Top Page > アセットアロケーション > My資産配分 > 現在のアセットアロケーションと保有全ファンド・ETF一覧(2019年1月)

現在のアセットアロケーションと保有全ファンド・ETF一覧(2019年1月)

ノートパソコン上のデータ分析グラフ

現在のアセットアロケーションと保有全ファンド・ETF一覧(2018年7月)でお伝えしたアセットアロケーション(資産配分)と保有商品一覧を最新版に更新します。



リスク資産部分のアセットアロケーション (2019年1月3日時点)


リスク資産のアセットアロケーション

現在のリスク資産のアセットアロケーションは以下の通りです。
全資産の約42%がリスク資産です。(無リスク資産は約58%)

リスク資産のアセットアロケーション




リスク資産の目標資産配分

リスク資産の目標資産配分比率は以下の通りです。

この目標資産配分比率にした背景は、目標資産配分比率の変更 リスク資産は株式とREITのみにをご覧ください。

目標資産配分比率



アセットアロケーションの目標配分比率との差


 資産クラス 現比率 目標比率差分  補足
 日本株式 11.8% 15% -3.2%日本株式比率を目標比率に近づけるため、eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)を継続購入中。
先進国株式
 68.0% 65% +3.0%eMAXIS Slim 先進国株式インデックスのみ継続購入中。
新興国株式 16.4% 15% +1.4%目標比率をまだ上回っているため、まだ購入せず、ホールドのみ。しません。
 国内外のREIT
 3.8%
(=2.4%+1.4%)
 5% -1.2%REITもアクセント程度に持っているだけで目標比率との差も小さいので新規に購入せずにホールドのみ

2018年7月時点での資産配分比率では、目標資産配分に比べて日本株式とリート比率がまだ低く、先進国株式、新興国株式は比率が高い状態でした。

現時点も同様のため、日本株式比率を増やすべく、eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)を多めに購入しています。
新興国株式は目標比率よりまだ高いため、今後も追加購入はしばらく行わない予定です。



リスク資産構成ファンド、ETF (2019年1月3日時点)

各資産クラス毎に保有するファンドや国内ETFは以下の通りです。
この中で、現在継続購入しているものに黄色をつけています。
前回2018年7月時点からは、日本株式クラスのファンドは eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)を新規追加したのみで、他は変わりなくホールドしています。

クラス保有比率    ファンド   信託報酬(税抜) 補足
 日本
株式  11.8%
 eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX) 0.159%最も信託報酬の低いTOPIXインデックスファンド。
 <購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド 0.159%最も信託報酬の低いTOPIXインデックスファンド。ベンチマークがTOPIX(配当込み)なのが好み。
 MAXISトピックス上場投信(1348) 0.080%カブドットコム証券にて手数料無料のフリーETF。
 TOPIX連動型上場投資信託(1306)
 0.110%TOPIX-ETFで最もメジャーなもの。SBI証券で長期保有中。
 日本
債券  0.0%   
 iシェアーズ 国内債券インデックス・ファンド 0.270% みずほ銀行の月4回の振込手数料無料の権利獲得のためにみずほ銀行で数百円のみ保有中。
 先進国
株式    68.0%
eMAXIS Slim 先進国株式インデックス 0.109% 信託報酬最安の先進国株式インデックスファンドとして現在購入中。
 <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
 0.109%先進国株式インデックスファンドで以前は信託報酬最安のため購入していました。今は保有のみ。
 たわらノーロード 先進国株式0.200%実質コスト最安のため、<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドから切り替え、購入中でしたが今は保有のみ。
 MAXIS 海外株式上場投信(1550) 0.250% カブドットコム証券にて手数料無料のフリーETF。今ではインデックスファンドの方が低信託報酬のため、新規購入は停止中。
 EXE-iグローバル中小型株式ファンド 0.340% 日本を含む全世界の中小小型株式に投資。保有額は少な目。
 三井住友・DC外国株式インデックスファンドS 0.160%低コストのため、企業型確定拠出年金401kにて100%配分。
 新興国
株式  16.4%
 eMAXIS新興国株式インデックス 0.600%SBI証券にて以前から保有中。
 Funds-i新興国株式インデックス 0.600%実質コストの最も低い新興国株式インデックスファンドとして購入していましたが。今後は信託報酬0.189%と最安のeMAXIS Slim 新興国株式インデックスを購入予定。
 日本REIT
2.4%
 <購入・換金手数料なし>ニッセイJリートインデックスファンド 0.250% 信託報酬最安だった日本リートインデックスファンド。今後の購入はSmart-i Jリートインデックス(信託報酬0.17%)の切替も検討中。
 海外REIT
1.4%
 <購入・換金手数料なし>ニッセイグローバルリートインデックスファンド 0.270% 信託報酬最安の新興国含む海外リートインデックスファンド。今後の購入はより低信託報酬のSmart-i 先進国リートインデックス(信託報酬0.20%)も検討中。
 eMAXIS先進国リートインデックス 0.600%保有中。


基本的には各資産クラスごとにコストが低いファンドを選んでいます。

相場自体はこれから下落するのか、上昇するのかさっぱりわかりませんが、今後も、目標配分比率に近づけるようファンド購入を続けます。
関連記事



【theme : インデックス投資
【genre : 株式・投資・マネー

tag : アセットアロケーション 資産配分比率

プロフィール

kenz

Author:kenz
川崎在住の40代サラリーマンのkenz (けんず)です。
妻(専業主婦)と二人です。2007年からはじめたインデックス投資の日々を記録します。

FacebooktwitterGooglePlusRSS

follow us in feedly



【メディア掲載履歴】
・ITmedia 個人投資家列伝
・Yen SPA! (エンスパ) 2019年 冬号
・株&投資信託大全
・投資信託完全ガイド
・日経ヴェリタス 2018年6月3日号
・日本経済新聞電子版 投信コラム
・「ほったらかし投資完全ガイド」
・東証 マネ部!にインデックス投資手法と投資に対する考え方の記事が掲載”
・「東証 マネ部!」と「webR25」初心者にオススメの投資先”
・東証 マネ部! 人気投資ブロガーが推奨する“初心者向け投資法”
・BIG tomorrow2016年12月号増刊
・BIG tomorrowマネー2016年10月号
・ビッグトゥモロウ2016年8月号
・日経ヴェリタス 2016年2月14日号
・ザイ・オンライン2016年1月13日
・Yen SPA! (エンスパ) 2016年 冬号
・日経ヴェリタス2015年11月15日号
・週間SPA!(スパ!) 2015年10/27号
・日経ヴェリタス2015年4月5日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2015年 冬号
・日経ヴェリタス2014年7月6日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2014年 夏号
・Yen SPA! (エンスパ) 2013年 夏号
・日経ヴェリタス2012年6月24日号
・日経ヴェリタス2012年4月29日号
・ネットマネー2012年6月号
・読売新聞2012年1月5日朝刊
・ビッグトゥモロウ11年12月号
・『THE21』2011年10月号
・Yen SPA (エンスパ)2011年夏号


【リンク】
当ブログはリンクフリーです。どの記事もご自由にリンク下さい。

メール(管理人への連絡はこちら)

クリックでメールフォームを表示

カテゴリ


最新記事
検索 (ブログ or Web内)
カスタム検索
スポンサーリンク
カウンター
注意事項
最終的な投資判断については自己責任でお願いいたします。未来は予見できないため、当ブログ内の情報により被った損害について一切の責任を負いかねます。
スポンサー リンク
Facebook
月次ページランキング
ブログパーツ
はてなブックマーク
月別アーカイブ
逆アクセスランキング



他の多くのお役立ち投資関連ブログは以下からどうぞ。
人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
厳選相互リンク
fx 比較