Top Page > インデックスファンド > eMAXIS > eMAXIS SlimシリーズのうちeMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)など4ファンドが信託報酬引下げ

eMAXIS SlimシリーズのうちeMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)など4ファンドが信託報酬引下げ

いろいろな色の卵

eMAXIS Slimシリーズの中の4ファンドが、野村アセットマネジメントのDC専用ファンドの信託報酬引下げに対抗し、2019年5月14日より信託報酬を最安に引下げます。


eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)とeMAXIS Slim 国内株式(日経平均)、 eMAXIS Slim 先進国債券インデックス、eMAXIS Slim バランス(8資産均等型) がいずれも信託報酬を年0.14%に引下げ

  業界最低水準の運用コストをめざす『eMAXIS Slim(イーマクシス スリム)』信託報酬率の引き下げを実施 | 三菱UFJ国際投信 (PDF)

この度、弊社ではより多くの方々にご愛顧いただきたく、運用コスト見直しに係る『他社類似ファンド』の範囲を、『個人型確定拠出年金(iDeCo)にて採用されているファンド』にまで拡大します。


これに伴い、以下の 4 ファンドについて信託報酬の引き下げを実施いたします。



2019年5月14日より以下のように、4ファンドの信託報酬が引き下げられます。

eMAXIS Slimシリーズ4ファンドの信託報酬引下げ
 ファンド現信託報酬(税抜)新信託報酬(税抜)(2019年5月14日より)ベンチマーク  
 eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX) 0.155% 0.140%TOPIX
 eMAXIS Slim 国内株式(日経平均)0.155%0.140%日経平均
 eMAXIS Slim 先進国債券インデックス 0.170% 0.140% FTSE世界国債インデックス(除く日本)
 eMAXIS Slim バランス(8資産均等型) 0.159% 0.140% 8資産のベンチマークの合成指数




個人型確定拠出年金(iDeCo)で採用されている野村アセットマネジメントの確定拠出年金ファンドに対抗し、信託報酬引下げ

eMAXIS Slimシリーズ 業界最低の信託報酬をめざすインデックスファンドが新登場でもお伝えしたように「eMAXIS Slimシリーズは、他社ファンドの信託報酬に注意しながら機動的に信託報酬を引き下げることにより、業界最低水準の低コストを目指し続ける」ことというコンセプトをうたっています。
実際に他のファンドが信託報酬を最安に引下げることを発表すると、その信託報酬引下げ日より先に素早く信託報酬を同じ最安値に引下げてきました。

今回から比較する、「その他社のファンド」の対象として、『個人型確定拠出年金(iDeCo)にて採用されているファンド』にも拡大することになったとのことで、2019年6月~7月にかけて信託報酬が引下げられる野村アセットマネジメントの確定拠出年金ファンドに対抗し、同じ最安値まで信託報酬が引下げられることになりました。

信託報酬が引き下げられる野村アセットマネジメントの確定拠出年金ファンドについては、以下のとよぴ~さんのブログ記事が詳しいです。
 野村アセットマネジメントのDC専用ファンド14本の信託報酬引き下げ | ほったらかし投資のまにまに
 
以下ファンドの信託報酬引下げに対抗し、eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)等4ファンドが信託報酬を年0.14%に引下げとなります。

  • 野村国内株式インデックスファンド・TOPIX(確定拠出年金向け) (信託報酬0.19%⇒0.14%)

  • 野村DC国内株式インデックスファンド・TOPIX (信託報酬0.19%⇒0.14%)

  • 野村外国債券インデックスファンド(確定拠出年金向け) (信託報酬0.21%⇒0.14%)

  • 野村DC外国債券インデックスファンド (信託報酬0.21%⇒0.14%)

  • マイバランス30(確定拠出年金向け)  (信託報酬0.22%⇒0.14%)

  • マイバランスDC30 (信託報酬0.23%⇒0.14%)

  • マイバランス50(確定拠出年金向け) (信託報酬0.24%⇒0.14%)

  • マイバランスDC50 (信託報酬0.22%⇒0.14%)

  • マイバランス70(確定拠出年金向け) (信託報酬0.23%⇒0.14%)

  • マイバランスDC70 (信託報酬0.24%⇒0.14%)


私も eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)を保有しており、信託報酬引下げはうれしいお知らせです。
 参考:: 現在のアセットアロケーションと保有全ファンド・ETF一覧(2019年1月)

eMAXIS Slimシリーズは全ファンドが各資産クラスごとの信託報酬最安のインデックスファンドであり、さらなるこれからも信託報酬の最安値のキープに期待しています。



eMAXIS Slimシリーズ 全11ファンドの信託報酬まとめ記事も最新版に情報更新

[2019.05.24追記]
上記4ファンドの信託報酬が引き下げられたため、eMAXIS Slimシリーズの信託報酬まとめを更新し、各ファンドの信託報酬率の引き下げ実績(イメージ図)も更新しておきましたのでご覧ください。

 ⇒ eMAXIS Slimシリーズ 全11ファンドの信託報酬とベンチマークまとめ(2019年5月)
関連記事



【theme : インデックス投資
【genre : 株式・投資・マネー

tag : eMAXIS Slimシリーズ 信託報酬

プロフィール

kenz

Author:kenz
川崎在住の40代サラリーマンのケンズ (kenz)です。
妻(専業主婦)と二人です。2007年からはじめたインデックス投資の日々を記録します。

FacebooktwitterRSS

follow us in feedly



【メディア掲載履歴】
・【完全ガイドシリーズ255】投資信託完全ガイド
・Yen SPA! (エンスパ) 2019年 夏号
・ダイヤモンド・ザイ 2019年7月号
・ほったらかし投資完全ガイド 最新版
・ITmedia 個人投資家列伝
・Yen SPA! (エンスパ) 2019年 冬号
・株&投資信託大全
・投資信託完全ガイド
・日経ヴェリタス 2018年6月3日号
・日本経済新聞電子版 投信コラム
・「ほったらかし投資完全ガイド」
・東証 マネ部!にインデックス投資手法と投資に対する考え方の記事が掲載”
・「東証 マネ部!」と「webR25」初心者にオススメの投資先”
・東証 マネ部! 人気投資ブロガーが推奨する“初心者向け投資法”
・BIG tomorrow2016年12月号増刊
・BIG tomorrowマネー2016年10月号
・ビッグトゥモロウ2016年8月号
・日経ヴェリタス 2016年2月14日号
・ザイ・オンライン2016年1月13日
・Yen SPA! (エンスパ) 2016年 冬号
・日経ヴェリタス2015年11月15日号
・週間SPA!(スパ!) 2015年10/27号
・日経ヴェリタス2015年4月5日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2015年 冬号
・日経ヴェリタス2014年7月6日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2014年 夏号
・Yen SPA! (エンスパ) 2013年 夏号
・日経ヴェリタス2012年6月24日号
・日経ヴェリタス2012年4月29日号
・ネットマネー2012年6月号
・読売新聞2012年1月5日朝刊
・ビッグトゥモロウ11年12月号
・『THE21』2011年10月号
・Yen SPA (エンスパ)2011年夏号


【リンク】
当ブログはリンクフリーです。どの記事もご自由にリンク下さい。

メール(管理人への連絡はこちら)

クリックでメールフォームを表示

カテゴリ


最新記事
検索 (ブログ or Web内)
カスタム検索
スポンサーリンク
カウンター
注意事項
最終的な投資判断については自己責任でお願いいたします。未来は予見できないため、当ブログ内の情報により被った損害について一切の責任を負いかねます。
スポンサー リンク
Facebook
月次ページランキング
ブログパーツ
はてなブックマーク
月別アーカイブ
逆アクセスランキング



他の多くのお役立ち投資関連ブログは以下からどうぞ。
人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
厳選相互リンク
fx 比較