Top Page > インデックス投資 > インデックス投資は確実に儲かるわけでもリスクが小さいわけでも最強の投資でもないので注意

インデックス投資は確実に儲かるわけでもリスクが小さいわけでも最強の投資でもないので注意

recession


楽観的なツイートや威勢の良いブログ記事が増えてくる中、先日ツイッターで何気なくつぶやいたら、いいねやRTを多めにいただいたので補足します。




1.インデックス投資は確実に儲かるわけではない

インデックス投資に限らず、どんな投資でも同じですが、インデックス投資も当然ながら確実に儲かるわけではありません。
長期投資にしても、どんな低コストのインデックスファンドやETFを利用したとしても、個々の投資家の投資タイミング、開始時期、終了時期、投資対象によっては損失となる場合があります。

 インデックス投資家は長期投資で必ず利益が出ると思っているという誤解。投資に「必ず」は存在しない

「必ず」報われる投資というものがあれば、どれだけ良いことかと思いますが、こればかりは代案がありません。

「資本主義経済は成長する」と仮定するとしても、個人の老後時期はまちまちで、景気のアップダウンは個々のライフスタイルとは無関係です。
投資家の投資をスタートする時期も異なれば、寿命もライフスタイルも異なる以上、投入タイミングも異なり、将来切り崩していく時期も個人ごとに異なります。

繰り返しになりますが、投資に「必ず利益が出る」手法は存在しないのです。





2.インデックス投資はリスクが小さいわけではない

「インデックス投資ならリスクが小さい」どころか、「安全な投資法」とか「初心者に最適」と書かれていることもありますが、インデックス投資は決してリスクが小さいわけではありません。

ブログで何度か書いていますが、 インデックス投資は、資金を変動の大きい市場に晒す手法であり、市場そのものの変動をもろにうけます。

 インデックス投資は決してリスクが少ない投資法ではない、だからこそ重要なこと
 

言わば日本海の荒波が押し寄せる海岸で、ふんどし一枚で腰に手を当てたまま立っているようなものです。
その市場のリスクをもろに受ける引き換えとして、株式部分は市場自体の期待リターンが5%程度期待できる投資法であり、リスクが小さいという認識は非常に危険です。



主要7資産の過去8年間の年間パフォーマンスからわかる国際分散投資の重要性で紹介した「主要7資産の年間パフォーマンス」を再掲します。

主要7資産の年間パフォーマンス

リーマンショックがあった2008年の騰落率(図の中で赤枠で囲った部分)を見ると、日本株式マイナス40.6%、先進国株式マイナス51.6%、新興国株式マイナス62.0%となっています。

ご自分のリスク許容度を上回るリスクを取っていた方はここで損切りするなど投資をやめてしまう人を見てきたので、リスクの把握は本当に重要です。



3.最強の投資手法というわけでもない

当たり前ですが、インデックス投資は毎年トップのリターンは取れません。
(銘柄調査や銘柄売買手数料にかかるコストを増やしてまで)成果が出るかわからないアクティブな行動をとるよりも、インデックス投資はできるだけコストが低くインデックスファンドやETFをホールドして、市場平均からコスト分を引いたリターンを取りに行くだけです。

リターンがベンチマークより高いともてはやされるアクティブファンドと違って超過リターンを取る可能性はありません。

ただ、インデックス投資を長期に行うことで、10年、20年後は高コストの手法よりも低コストであるがゆえに、そこそこのリターンは取れるだろうという、ものすごい地味な手法です。



そのため、リスクを取り過ぎていないか確認を

だからこそ、後で後悔しないように今のように資産配分比率の確認をしておくべきと思っています。

 相場好調時こそ、強気になる前に下落時に備えた資産配分比率の確認を

インデックスファンドはリスクが少ないと言う認識だと、知らぬ間にリスク資産が多く、無リスク資産が少なくなっているなど、個人のリスク許容度を超えた強気の資産配分にしてしまい、市場が大きく下落したときに耐えられない場合があります。


資金も順調に増えてくるとつい、リターンにばかり目がいきがちですが、リスクの調整が最優先です。
リーマンショックの頃に、威勢のよかった方々が続々と消えていった人を見ているので、皆さんはこれからも残ってほしく、少しでもリスクの再確認をしていただければうれしいです。
関連記事



【theme : インデックス投資
【genre : 株式・投資・マネー

tag : インデックス投資

プロフィール

kenz

Author:kenz
川崎在住の40代サラリーマンのケンズ (kenz)です。
妻(専業主婦)と二人です。2007年からはじめたインデックス投資の日々を記録します。

FacebooktwitterRSS

follow us in feedly



【メディア掲載履歴】
・【完全ガイドシリーズ255】投資信託完全ガイド
・Yen SPA! (エンスパ) 2019年 夏号
・ダイヤモンド・ザイ 2019年7月号
・ほったらかし投資完全ガイド 最新版
・ITmedia 個人投資家列伝
・Yen SPA! (エンスパ) 2019年 冬号
・株&投資信託大全
・投資信託完全ガイド
・日経ヴェリタス 2018年6月3日号
・日本経済新聞電子版 投信コラム
・「ほったらかし投資完全ガイド」
・東証 マネ部!にインデックス投資手法と投資に対する考え方の記事が掲載”
・「東証 マネ部!」と「webR25」初心者にオススメの投資先”
・東証 マネ部! 人気投資ブロガーが推奨する“初心者向け投資法”
・BIG tomorrow2016年12月号増刊
・BIG tomorrowマネー2016年10月号
・ビッグトゥモロウ2016年8月号
・日経ヴェリタス 2016年2月14日号
・ザイ・オンライン2016年1月13日
・Yen SPA! (エンスパ) 2016年 冬号
・日経ヴェリタス2015年11月15日号
・週間SPA!(スパ!) 2015年10/27号
・日経ヴェリタス2015年4月5日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2015年 冬号
・日経ヴェリタス2014年7月6日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2014年 夏号
・Yen SPA! (エンスパ) 2013年 夏号
・日経ヴェリタス2012年6月24日号
・日経ヴェリタス2012年4月29日号
・ネットマネー2012年6月号
・読売新聞2012年1月5日朝刊
・ビッグトゥモロウ11年12月号
・『THE21』2011年10月号
・Yen SPA (エンスパ)2011年夏号


【リンク】
当ブログはリンクフリーです。どの記事もご自由にリンク下さい。

メール(管理人への連絡はこちら)

クリックでメールフォームを表示

カテゴリ


最新記事
検索 (ブログ or Web内)
カスタム検索
スポンサーリンク
カウンター
注意事項
最終的な投資判断については自己責任でお願いいたします。未来は予見できないため、当ブログ内の情報により被った損害について一切の責任を負いかねます。
スポンサー リンク
Facebook
月次ページランキング
ブログパーツ
はてなブックマーク
月別アーカイブ
逆アクセスランキング



他の多くのお役立ち投資関連ブログは以下からどうぞ。
人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
厳選相互リンク
fx 比較