2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

eMAXIS Slim 先進国株式の信託報酬0.0999%等eMAXIS Slimシリーズまとめ記事更新

CATEGORYeMAXIS
白い机の上の文房具

eMAXIS Slimシリーズ 全11ファンドの信託報酬とベンチマークまとめを最新版に更新しました。

eMAXIS Slimシリーズ 信託報酬とベンチマークまとめ記事を更新

以下2ファンドの信託報酬引下げをまとめ記事に反映しました。

eMAXIS Slimシリーズ 業界最低の信託報酬をめざすインデックスファンドが新登場でお伝えしたように、「eMAXIS Slimシリーズは、他社ファンドの信託報酬に注意しながら機動的に信託報酬を引き下げることにより、業界最低水準の低コストを目指し続ける」ことを宣言し、実際に実行しています。

今回も、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)は初の信託報酬引下げですが、eMAXIS Slim 先進国株式インデックスは5回目の信託報酬引下げであり、何が何でも信託報酬最安の地位を守ろうとする気合が伺えます。

eMAXIS Slimシリーズは全11ファンドが各資産クラスごとの信託報酬最安のインデックスファンドとなっています。

更新したeMAXIS Slimシリーズのまとめ記事は以下となります。
 ⇒ eMAXIS Slimシリーズ 全11ファンドの信託報酬とベンチマークまとめ(2019年6月)
関連記事
スポンサーサイト