2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

SBI証券 本日よりTポイント導入開始。記念キャンペーンもスタート

CATEGORYSBI証券
机の上のパソコンとプレゼント

SBI証券にて本日7月20日より、Tポイントでファンドが購入できるようになりました。
ファンド保有残高により付与されていたSBIポイントと同率でTポイントがつきますし、登録したTカードのTポイントでもファンドが購入できます。
Tポイント導入記念キャンペーンが始まったので紹介します。



SBI証券 総額2,620万円相当!Tポイント導入記念3大キャンペーン開催中!

 総額2,620万円相当!Tポイント導入記念3大キャンペーン | SBI証券
 

キャンペーン期間

2019年7月20日(土曜)~2019年9月30日(月曜)


キャンペーン1

キャンペーン期間中に上記「今すぐエントリー!」ボタンから応募フォームに進み、必要事項を入力して、エントリーを完了すること。
抽選で、20名さまになんと100万円相当のTポイントをプレゼント。

⇒ SBI証券に口座を持っていなくても、誰でも参加できます。当選者わずかに20名ですが、ノーリスクなのですぐにぽちっとエントリーしておきましょう。



キャンペーン2

SBI証券の証券総合口座を開設した方を対象に、総額20万円相当の期間固定Tポイントを抽選で100名さまで山分けするキャンペーン (本キャンペーンのエントリーは不要)

⇒ これからSBI証券の口座開設する方向けのキャンペーンです。



キャンペーン3

キャンペーン期間中にSBI証券総合口座で「Tカード番号登録」を完了した方。先着6万名の方に期間固定Tポイント100ポイントをプレゼント。

⇒ これだけ先着順のキャンペーンなので、さくっとTカードの番号登録をしておきましょう。私もやってみましたがすぐ完了しました。






今までのファンド保有残高によってたまっていたSBIポイントもTポイントに1:1の等価比率で即時交換可能

また、SBIポイントは以前は等価交換でSuicaにチャージしていたのですが、Suicaに交換できなくなってからSBIポイントはたまる一方で気になっていました。

今回、今まで使わなかったTポイントを登録したことで、SBIポイントもTポイントに1:1の等価比率で即時交換できました。



手間もかからずできたので、こちらもさくっとやっておきましょう。


関連記事

 [2019.07.22追記]
 実際にTポイントでファンドを購入してみました。
 SBI証券にてTポイントでeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)を購入
関連記事
スポンサーサイト