2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

「株価が下がるとワクワクする」!? エンスパ取材記事がネット上に掲載されました

世界地図と通貨の形のネジ

2019年6月に発売された「Yen SPA! '19 夏号」に取材を受けた記事が掲載されており、その記事がネット上で読めるようになっていました。


「Yen SPA! '19 夏号」」の 特集「[攻める投信]の真実」 取材記事がネット上に掲載

 「株価が下がるとワクワクする」!? インデックス投信積み立てで資産を増やす投資家がそう語る理由とは? | ハーバービジネスオンライン

分散投資はリスクを抑えるというが、それでも資産全体の評価額は半分まで下落した。口座を確認するたびに資産が減っていく状態が4年近く続いたが、それでもkenz氏は、積み立て投資をやめなかった。

「下落局面は、安値を拾える絶好のチャンスです。こういうときにくじけずに続けることが、後の利益を大きくするということはわかっていたので、淡々と続けました」



特に目新しいことはないのですが、いつもお伝えしているように、相場が下がった時こそ購入のチャンスなのでひるまずに投資を続けるべきという内容がまとめられています。

記者さんと直接お話しして取材を受けたわけではなく、過去の以下取材記事の内容から変化点のみ更新するメール取材だったのですっかり忘れていました。

・ Yen SPA! (エンスパ) 2019年冬号の積み立て投資特集に取材記事が掲載されました
・ 「含み損状態でも積み立てをやめるべからず」 エンスパ取材記事がネット上に掲載されました

大した分量もないので、お時間ある時にご覧ください。
関連記事
スポンサーサイト