2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

楽天銀行 資金お引越し定期に満期3ヵ月物・金利0.16%が追加

CATEGORY楽天銀行
plus-229192_640_20191202135718787.jpg
楽天銀行の資金お引越し定期は、「自分名義の他行口座から振り込んだ資金限定の」定期預金です。
12月より、従来の満期1ヵ月ものに加え、新たに満期3ヵ月ものも選べるようになっています。



楽天銀行 資金お引越し定期 満期3ヵ月・0.16%ものが追加

楽天銀行 資金お引越し定期

 資金お引越し定期  | 楽天銀行

本商品は、ご自分名義の他行口座からの振込資金に対して適用されるもので、通常の円定期預金金利よりも好金利となっています。


当月内にお預入可能な金額を、500万円までとさせていただきます。



楽天銀行のお知らせ欄に告知は見つけられなかったのですが、今月12月から、従来の満期1ヵ月・0.15%もの以外に満期3ヵ月・0.16%ものも追加されています。


  • 満期/金利: 満期1ヵ月・0.15%(税引前)、満期3ヵ月・0.16%(税引前)

  • 最低預入金額:1000円

  • 預入金額上限:500万円

  • 資金の条件:自分名義の他行口座から振り込んだ資金限定



楽天銀行の普通預金はマネーブリッジと連携していても金利は年0.10%です。
そのため、毎月、満期1ヵ月・年0.15%の資金お引越し定期が満期になるたびに、楽天銀行から住信SBIネット銀行に振り込み、再度、住信SBIネット銀行から元の楽天銀行に振り込んだ後、このお引越し定期預金を利用していました。

満期3ヵ月・年0.16%が追加されたのであれば、毎月はちょっと面倒だと思っていたので、今月満期となる資金お引越し定期からは今後、満期3ヵ月ものに預け入れる予定です。

楽天銀行は、満期1年・金利0.11%の定期預金キャンペーンも実施中ですが、資金お引越し定期には上限額500万円が設定されていますので、500万円以内であれば、満期3ヵ月・0.16%の資金お引越し定期を利用すればよさそうです。
関連記事
スポンサーサイト