2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

セゾン投信 定口/定額での投資信託の定期売却サービスを来春開始へ

CATEGORYセゾン投信
クリスマス

セゾン投信が、定口売却、定額売却のいずれかを選択できる投資信託の定期売却サービスを2020年春より開始します。


セゾン投信 定口または定額売却できる定期売却サービスを2020年春に開始へ

 定期売却サービス提供のお知らせ ~⾧期的な人生軸での資産形成・運用をサポート~ | セゾン投信 (PDF)(⇒リンク切れ)


  • 対象ファンド: セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド、 セゾン資産形成の達人ファンドの2ファンド

  • 売却方法: 定口売却(口数を指定した期間で等分して毎月又は隔月で売却) または 定額売却(1万円以上で指定した定額を毎月又は隔月で売却 )

  • 売却周期: 毎月または奇数月



昨日の記事 楽天証券 定率での投資信託取り崩しサービスを開始へ(定額、一定口数も選択可能)で取り上げた、楽天証券の投資信託取り崩しサービス開始のニュースに続き、セゾン投信も定期売却サービスを開始します。

楽天証券が、定率、定口または定額売却の3種類が選べるのに対し、セゾン投信は定率はできず、定口または定額売却の2種類のみです。

ただ、定口であれば、基準価額が高い時は金額は多めに、基準価額が低い時は金額が少なめに売却できるので、定率売却に近いことができそうです。

サービス詳細は決まり次第、追ってお知らせするとのことで、セゾン投信でセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドやセゾン資産形成の達人ファンドを保有している方には朗報ですね。

従来のSBI証券の「定額」売却のみの投資信託定期売却サービス、楽天証券の「定額」、「定率」、「定口」の投資信託取り崩しサービス、そして今回のセゾン投信の「定額」、「定口」の定期売却サービスと、出口戦略に向けたファンド売却についても各販売会社からサービスが発表されるようになってきました。

今後も良い意味でのサービスについての競争が始まることを期待しています。

関連記事

 [2020.07.07追記]
 2020年7月5日より、セゾン投信にて正式に定期換金サービスがスタートしました。
 セゾン投信が定期換金サービス 「セゾン定期便」を7月5日より開始しました
関連記事
スポンサーサイト