2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

iシェアーズ・コア 日本国債 ETF(2561) 信託報酬0.06%と最安の日本債券ETFが登場

CATEGORYその他ETF
富士山と朝日

国内初の日本国債のみに投資するETF、iシェアーズ・コア 日本国債 ETF(2561)が2020年2月26日に東証に上場し、取引できるようになっています。




iシェアーズ・コア 日本国債 ETF(2561) 日本国債に投資するETFが初登場

 iシェアーズ・コア 日本国債 ETF | ブラックロック(BlackRock)


  • ETF名称: iシェアーズ・コア 日本国債 ETF

  • 銘柄コード: 2561

  • ベンチマーク: FTSE日本国債インデックス (FTSE Japanese Government Bond Index)

  • 信託報酬: 0.06%(税抜)→0.066%(税込)

  • 設定日: 2020年2月25日設定。2月26日上場

  • 管理会社: ブラックロック・ジャパン株式会社

  • 信託期間: 無制限

  • 売買単位: 1口

  • 決算日: 年4回(1月11日、4月11日、7月11日、10月11日)




日本国債のみを投資対象とする初の日本国債ETF

既に東証に上場している日本債券ETFとしては、NOMURA-BPI総合をベンチマークとするNEXT FUNDS 国内債券・NOMURA-BPI総合連動型上場投信 (2510)があります。
ただ、2510は、日本国債だけでなく、地方債や社債(事業債)も投資対象とするNOMURA-BPI総合をベンチマークとしています。

iシェアーズ・コア 日本国債 ETF(2561)は、日本国債のみを投資対象とするFTSE日本国債インデックスをベンチマークとしており,国債のみに投資する国内債券ETFとしては初となります。
FTSE日本国債インデックスは、FTSE世界国債インデックスの中の日本部分であり、外国債券ファンドのメジャーな指数であるFTSE世界国債インデックス(除く日本)の、(除く日本)の部分になります。

iシェアーズ・コア 日本国債 ETF(2561)の信託報酬は年0.06%(税抜)と、2510の信託報酬0.07%(税抜)より低く、国内債券ETFだけでなく国内債券ファンド(最安信託報酬は0.12%(税抜))を含めても最も信託報酬が低いです。

今のところ、SBI証券での取引手数料無料の国内ETF(現対象104銘柄)には入っていないのですが、今後(他証券も含め)追加される可能性もあります。




FTSE日本国債インデックス 株式指数とのパフォーマンス比較

以下の東証マネ部のページに、過去20年のFTSE日本国債インデックスと、TOPIX(配当込み)、MSCIコクサイ・インデックス(配当込み)のパフォーマンス比較が掲載されています。

 2561:iシェアーズ・コア 日本国債 ETF | 東証マネ部

FTSE日本国債インデックス 株式指数とのパフォーマンス比較

緑色や青色線の株式指数が下落している時に、黄色線のFTSE日本国債インデックスが上昇しているのがわかります。

現在は日本国債の利回りがマイナスと低く残念な状況ですが、今後もう少しまともな金利の時に、分散のためにiシェアーズ・コア 日本国債 ETF(2561)を取引したい人には魅力的かも知れません。
関連記事