2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

eMAXIS Slimシリーズ 合計純資産が5000億円を突破

CATEGORYeMAXIS
成長していく緑色のグラフ

超低コストインデックスファンドシリーズの筆頭である、eMAXIS Slimシリーズの合計の純資産が5000億円を突破したとのことです。



eMAXIS Slimシリーズ 合計純資産が5000億円超に(2020年9月2日時点)

 eMAXIS Slim(イーマクシス スリム)』シリーズ 合計純資産残高 5,000 億円を突破  |三菱UFJ国際投信 (PDF)

『eMAXIS Slim(イーマクシス スリム)』シリーズ合計の純資産残高が 9 月 2 日に 5,015 億円と、5,000 億円を突破したことをお知らせいたします。
2017 年 2 月 27 日に 4 ファンドでスタートした同シリーズは、「業界最低水準の運用コストをめざす※」というコンセプトのもと、多くの投資家の皆さまにご愛顧いただき、8 月末現在 13 ファンドまで拡大し、順調に残高も増加してまいりました。



eMAXIS Slim(イーマクシス スリム)』シリーズの推移



eMAXIS Slimシリーズ 業界最低の信託報酬をめざすインデックスファンドが新登場でもお伝えしたように「eMAXIS Slimシリーズは、他社ファンドの信託報酬に注意しながら機動的に信託報酬を引き下げることにより、業界最低水準の低コストを目指し続ける」ことというコンセプトを持ち、実際にライバルファンドの信託報酬引下げに対抗して同じ信託報酬まで引下げています。

私も新規購入分はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)のみとしていますが、 eMAXIS Slim 先進国株式インデックスeMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)もまとまった額を保有しています。

eMAXIS Slimシリーズ13ファンドのうち、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の純資産が最も多い1600億円超、次に純資産が多いeMAXIS Slim 先進国株式インデックスも純資産1294億円となっており、両ファンドとも2段階の受益者還元型信託報酬が適用されています。

eMAXIS Slimシリーズを含む既存のeMAXISシリーズ純資産合計は8022億円(2020年9月3日時点)となっており、順調に純資産が増えていっています。

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)も純資産が471億円と受益者還元型信託報酬適用第一段階の500億円がまじかです。
こちらも純資産の増加に期待しています。


関連記事

 [2021.04.14追記]
 eMAXIS Slimシリーズ 合計純資産が1兆円を突破しました。
 【祝】eMAXIS Slimシリーズの純資産残高が1兆円を突破

 [2021.12.18追記]
 eMAXIS Slimシリーズの合計純資産残高が2兆円となりました。
 【祝】eMAXIS Slimシリーズの純資産残高が2兆円を突破
関連記事