2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

主要資産クラス毎の信託報酬最安のファンド一覧(2021年3月)

ノートパソコンとノートとペン

主要資産クラス毎の信託報酬最安のファンド一覧を最新版に更新します。


主要資産クラス毎の信託報酬最安のファンド一覧(2021年3月)

主要資産クラス毎の信託報酬最安のファンドは以下になります。
確定拠出年金(401k)専用ファンドは除き、ネット証券で誰でも一般購入できるものの中から、ベンチマーク毎に信託報酬最安のファンドを選んでいます。
(信託報酬が低くても実質コストが高かったり、運用に問題がある場合もありますのでご注意ください。)

以下の表にて信託報酬に(以内)と書かれている5ファンドは、eMAXIS Slimシリーズで、純資産500億円超により受益者還元信託報酬の適用が行われているファンドです。

主要資産クラスの信託報酬最安のファンド一覧
  ファンド 信託報酬(税抜)ベンチマーク 
日本株式 eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX) 0.140%TOPIX(配当込み) 
 <購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンドTOPIX(配当込み) 
 Smart-i TOPIXインデックス (配当込み) 
 iFree TOPIXインデックスTOPIX 
 PayPay投信 日経225インデックス 0.130%日経平均トータルリターン・インデックス
先進国株式 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス 0.093%
(以内)
MSCIコクサイ インデックス(配当込み)
米国株式  eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)0.088%
(以内)
 S&P500(配当込み)
 PayPay投信 NYダウインデックス0.180%ダウ・ジョーンズ工業株30種平均株価(配当込み)
新興国株式 eMAXIS Slim 新興国株式インデックス0.170%
(以内)
MSCIエマージング・マーケット・インデックス(配当込み)
全世界株式 eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー) 0.104%
(以内)
MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス(配当込み)
 全世界株式(除く日本) eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本0.104% MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本、配当込み)
日本債券 eMAXIS Slim 国内債券インデックス 0.120%NOMURA-BPI総合
 <購入・換金手数料なし>ニッセイ国内債券インデックスファンド
 Smart-i 国内債券インデックス
先進国債券 eMAXIS Slim 先進国債券インデックス0.140%FTSE世界国債インデックス(除く日本)
<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国債券インデックスファンド 
新興国債券 iFree 新興国債券インデックス0.220%JPモルガン・ガバメント・ボンド・インデックス-エマージング・マーケッツ・グローバル・ディバーシファイド
日本REIT  Smart-i Jリートインデックス0.170%東証REIT指数(配当込み)
 先進国REIT Smart-i 先進国リートインデックス
0.200%S&P先進国REIT指数(除く日本)(配当込み)
 全海外REIT <購入・換金手数料なし>ニッセイグローバルリートインデックスファンド0.270%S&Pグローバルリートインデックス(除く日本、配当込み)
 8資産均等 eMAXIS Slim バランス(8資産均等型) 0.140%
(以内)
 8資産それぞれのベンチマークの合成指数


eMAXIS Slimシリーズニッセイ<購入・換金手数料なし>シリーズを中心に超低コスト競争が行われており、以前よりも低い信託報酬のインデックスファンドが購入できるよい時代になりました。

信託報酬の低下はその分だけ確実にリターンが上がります。
今月から登場したPayPay投信インデックスファンドシリーズも含め、今後もますます信託報酬が下がることも期待できそうです。
関連記事