2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の純資産が設定から3年で5000億円を突破

CATEGORYeMAXIS
パソコンの中のデータ画面

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の純資産総額が5000億円を突破しました。



eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) 基本情報

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)は、三菱UFJ国際投信が運用する超低コストのインデックスファンドシリーズであるeMAXIS Slimシリーズの中の米国株式インデックスファンドです。

信託報酬は年0.88%以内(税抜)と、ライバルのSBI・V・S&P500インデックス・ファンド(信託報酬年0.88%(税抜))と並び最安となっています。

基本情報は以下の通りです。


  • ファンド名: eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

  • 申込手数料: なし(=ノーロード)

  • 信託報酬: 年0.0968%以内(税込、税抜年0.088%以内) 
    純資産500億円未満は0.088%(税抜)、純資産500億円以上1000億円未満部分は0.0875%(税抜)、純資産1000億円超部分は0.0870%(税抜)の受益者還元型の信託報酬となっています。

  • 信託財産留保額: なし

  • ベンチマーク: S&P500(配当込み)

  • ファンドの仕組み: 「S&P500インデックスマザーファンド」にファミリーファンド形式で投資

  • 設定日: 2018年7月3日

  • 決算: 年1回(4月25日)

  • 運用会社: 三菱UFJ国際投信



eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) の純資産総額が5000億円を突破

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の設定来(2018年7月3日)からの約3年の基準価額と純資産総額の推移は以下の通りです。
基準価額は青色の線、純資産総額は水色で書かれています。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の設定来(2018年7月3日)からの約3年の基準価額と純資産総額の推移

 引用元: eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)  | 三菱UFJ国際投信


設定から約3年で純資産総額は驚きの約5220億円まで積みあがっています。
2020年6月に純資産総額が1000億円を超え、2段階目の受益者還元型の信託報酬が適用されてからわずか1年しかたたずに純資産が5000億円超となっています。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)が三菱UFJ国際投信の純資産残高首位の投信であることに加え、国内のインデックスファンドの中で純資産残高首位であることも納得の伸びです。

私は世界全体に幅広く国際分散投資したいので、米国だけに投資対象を限定するeMAXIS Slim米国株式(S&P500)でなく、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立していますが、米国株式人気恐るべしです。

世界的に株式市場が好調というのもありますが、この調子で行くと1,2年で純資産総額1兆円も夢ではなさそうな伸びですね。

関連記事

 [2021.10.21追記]
 eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の純資産総額が7000億円超となりました。
 eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の純資産が7000億円を突破

 [2021.12.23追記]
 eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の純資産総額が9000億円超となりました。
 eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の純資産総額が9000億円超に
関連記事