2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

SOMPO123 先進国株式 超低コストの先進国株式アクティブファンドが本日より運用開始

株式投資の分析データと白いノートパソコン

信託報酬年0.070%(税込)の超低コストの”アクティブファンド”、SOMPO123 先進国株式が本日より運用を開始しました。


「SOMPO123 先進国株式」 全資産クラスのインデックスファンドより信託報酬最安のアクティブファンド

 SOMPO123 先進国株式 | SOMPOアセットマネジメント

「SOMPO123 先進国株式」は、日本を除く先進国の株式(原則として概ね123銘柄程度)に分散投資を行い、中長期的な値上がり益の獲得をめざすファンドです。
当ファンドは主としてネット販売会社を通じて、積み立てなどの長期投資を行うお客さまを想定しているため、運用コスト(信託報酬)を抑えた商品設計とさせていただきました。




SOMPO123 先進国株式 信託報酬やベンチマークなどの基本情報

  • ファンド名: SOMPO123 先進国株式

  • ベンチマーク: なし

  • 購入時手数料: なし(ノーロード)

  • 信託報酬: 年0.077%(税込) (年0.070%(税抜))  

  • 信託財産留保額: なし

  • 設定日: 2021年12月21日

  • 決算: 年1回(7月11日)

  • 運用会社: SOMPOアセットマネジメント

  • 販売会社: SBI証券、auカブコム証券、松井証券



SOMPO123 先進国株式の特色

ファンドの特色としては、

日本を除く先進国株式の中から主要な123銘柄程度に分散投資を行います。


当ファンドでは、投資候補を選定する際に、信用格付けが投資適格未満の企業の株式を投資対象から除外します。


とのことで、海外先進国株式123銘柄程度に投資&信用格付けが投資適格未満の企業の株式に投資しないのが特色です。

参考指数であるMSCIコクサイ・インデックス(配当込み)と比較してシミュレーションでのリターンは以下のように参考指数を上回りましたとアピールしています。

シミュレーションと参考指数であるMSCIコクサイ・インデックス(配当込み)とのパフォーマンスの推移(バックテスト)のグラフ

ただ、バックテストは始点と終点を自由に選べます。
今後のSOMPO123 先進国株式のリターンが参考指数を上回るかどうかはもちろんわかりません。



「SOMPO123 先進国株式」 全資産クラスのインデックスファンドより信託報酬が低い「アクティブファンド」

SOMPO123 先進国株式は。全アクティブファンドはもちろん、インデックスファンドを含めても全資産クラスの中でも信託報酬最安のアクティブファンドです。

同じ先進国株式クラスでは、eMAXIS Slim 先進国株式インデックス(信託報酬0.093%(税抜)以内)やeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)(信託報酬0.088%(税抜)以内)をも下回る信託報酬0.07%(税抜)単独最安のファンドとなります。

アクティブファンドなのにベンチマークはないのが残念ですが、今後の月報に参考指数としてMSCIコクサイ・インデックス(配当込み)が載る可能性はあります。

信託報酬が低いのでインデックスファンドともリターンはいい勝負をするかも知れませんが、どうなるかはわかりません。
まずは運用開始1年程度は様子見で良いと思います。

関連記事

 [2022.02.03追記]
 設定直後のポートフォリオが公開されました。
 SOMPO123 先進国株式 設定直後の国別構成比率等ポートフォリオが公開

 [2022.02.13追記]
 初回の月報が発行されました。
 SOMPO123 先進国株式 初の月報記載の参考指数との騰落率の確認

 [2022.05.20追記]
 設定来のリターンは参考指数よりマイナス0.80%となっています。
 SOMPO123 先進国株式 設定来リターンは参考指数よりマイナス0.80%に
関連記事