2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

楽天銀行マネーブリッジ設定での残高300万円超の普通預金金利が0.10%から年0.04%に低下

CATEGORY楽天銀行
預金の積立 白いキーボードと豚の貯金箱

楽天銀行のマネーブリッジ設定での普通預金金利が4月1日から改悪され、普通預金残高が300万円を超える部分は(3月までの年0.10%ではなく)年0.04%の金利しかつかなくなりました。



楽天銀行の普通預金残高300万円の金利低下により、満期1ヵ月の「資金お引越し定期」に預入れました。



楽天銀行 マネーブリッジ設定での普通預金金利が改悪

楽天銀行からメールが来ていました。

 楽天銀行からのお知らせ[優遇金利のお知らせ]

2022年4月の適用金利
 L普通預金残高300万円以下の部分:年0.10%(税引後年0.079%)
 L普通預金残高300万円を超える部分:年0.04%(税引後年0.031%)

※マネーブリッジにご登録いただいた場合に年0.10%(税引前)の優遇金利が適用される残高には上限があります。
※上記の金利は、普通預金金利に上乗せ金利を加えた優遇金利です。



楽天銀行は、楽天証券との口座連携サービス「マネーブリッジ」を設定しておくと、普通預金金利が年0.10%と比較的高めの金利でした。
ただ、今月4月1日より、普通預金残高が300万円を超える部分は年0.04%の金利しかつかなくなっています。



楽天銀行の満期1ヵ月0.11%の「資金お引越し定期」

そのため、私の場合は同じ楽天銀行の「資金お引越し定期」満期1ヵ月0.11%(上限300万円まで)に300万円を預け入れました。

「資金お引越し定期」は「自分名義の他行口座から振り込んだ資金限定の」定期預金です。
そのため、楽天銀行から住信SBIネット銀行に振り込み、再度、住信SBIネット銀行から元の楽天銀行に振り込んだ後、このお引越し定期預金を利用しました。
これなら満期も1ヵ月と短く、必要に応じて中途解約も即できるので、普通預金に次ぐ流動性もあります。

「資金お引越し定期」は上限300万円なので、それを超える残高は、今はそのまま楽天銀行に入れたままになっています。

定期預金キャンペーンはボーナス時期の6月ごろまでは新規キャンペーンも期待できません。
そのため、「資金お引越し定期」以外の候補としては、あおぞら銀行BANK支店の普通預金(年0.20%)や、auじぶん銀行のauマネーコネクトでの普通預金金利(年0.10%。他条件を満たすと年0.20%までアップ)、または個人向け国債 変動10年あたりになるかと思います。
関連記事
スポンサーサイト