2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

MSCIフロンティア・マーケット・インデックス 国別、業種別構成比率、組入上位銘柄等のまとめ

ディスプレイと折れ線や円のグラフ

MSCIフロンティア・マーケット・インデックス (MSCI Frontier Market Index)の国別構成比率や業種別構成比率、組入上位銘柄などをまとめます。

<記事新規作成日: 2022年4月24日。 最終更新日: 2022年12月20日>


MSCIフロンティア・マーケット・インデックス (MSCI Frontier Market Index)

MSCI指数としてのMSCIフロンティア・マーケット・インデックスの位置付け

MSCI社は、「流動性」や「外国人の投資規制」、「株式市場規模」等により、投資可能な各国を先進国株式指数、新興国株式指数、フロンティア株式指数に分類しています。

MSCIフロンティア・マーケット・インデックスは、投資可能国ながら新興国株式指数であるMSCI エマージング・マーケット・インデックスの基準を満たしていない途上国で構成されています。

全世界株式指数であるMSCI オール・カントリー・ワールド・インデックスでも投資対象にしていません。


MSCI株式指数の分類
 全世界株式 地域 投資国指数 指数
MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス (ACWI)先進国
23ヶ国
日本 MSCIワールド・インデックス  MSCIジャパンインデックス
海外先進国
22ヵ国 
MSCIコクサイ・インデックス
新興国24ヶ国 MSCI エマージング・マーケット・インデックス 
 -フロンティア国28ヶ国 MSCIフロンティア・マーケット・インデックス
 - 投資不可能13ヶ国MSCI スタンドアローン・マーケット・インデックス



2020年11月30日に組入比率1位のクウェートがMSCIフロンティア・マーケット・インデックスから除外され、現在は計28ヶ国構成となっています。

また、MSCIフロンティア・マーケット・インデックスの関連指数には、MSCI フロンティア・マーケット・インデックスの構成国の中で、時価総額と流動性を基準として選出された上位約100銘柄で構成されるMSCI フロンティア・マーケット100インデックスがあります。



MSCIフロンティア・マーケット・インデックス 概要
 
 MSCI Frontier Markets Index ファクトシート (英語版PDF)

The MSCI Frontier Markets Index captures large and mid cap representation across 28 Frontier Markets (FM) countries*. The index includes 97 constituents, covering about 85% of the free float-adjusted market capitalization in each country.


 
MSCIフロンティア・マーケット・インデックスは、フロンティア国28ヶ国の大型・中型株計97銘柄で構成されるフロンティア株式指数です。
各銘柄の指数構成比率は、浮動株調整時価総額比率であり、市場全体の時価総額の約85%以上をカバーしています。
配当利回りは年4.52%です。(2022年11月30日時点)



MSCIフロンティア・マーケット・インデックス 国別構成比率

国別構成比率は以下の通りです。(2022年11月30日時点)

MSCIフロンティア・マーケット・インデックス 国別構成比率

MSCIフロンティア・マーケット・インデックスの国別構成比率
 国 構成比率
 ベトナム 30.19%
 モロッコ 9.55%
 カザフスタン 8.93%
 アイスランド 8.75%
 ルーマニア 7.25%
その他23ヶ国(バングラデシュ、ブルキナファソ、ベナン、クロアチア、エストニア、ギニアビサウ、コートジボワール、ヨルダン、ケニア、リトアニア、バーレーン、モーリシャス、マリ、ニジェール、ナイジェリア、オマーン、パキスタン、セルビア、セネガル、スロベニア、スリランカ、トーゴ、チュニジア) 35.33%


べトナムの30.19%を筆頭にモロッコ9.55%、カザフスタン8.93%と組入上位3ヶ国で約50%を占めています。



MSCIフロンティア・マーケット・インデックス 業種別構成比率

業種別構成比率は以下の通りです。(2022年11月30日時点)


MSCIフロンティア・マーケット・インデックス 業種別構成比率

MSCIフロンティア・マーケット・インデックスの業種別構成比率
 業種 構成比率
 金融 35.83%
 生活必需品 11.55%
 コミュニケーション・サービス 11.53%
 不動産  10.22%
 素材8.80%
 エネルギー 6.97%
 ヘルスケア 6.56%
 一般消費財・サービス6.12%
 公益事業 2.20%
 資本財・サービス0.22%



現在は金融比率が35.83%と多く、次に生活必需品が11.55%と続いています。



MSCIフロンティア・マーケット・インデックス 組入上位10銘柄の構成比率

組入上位10銘柄の構成比率は以下の通りです。(2022年11月30日時点)

 銘柄 国 構成比率 補足
 カスピ(Kaspi.KZ) カザフスタン 5.20% カザフスタンのアプリケーションソフトウエア会社。
 ビングループ(Vingroup JSC) ベトナム 3.70% 住宅用不動産の投資と運営を行うベトナム最大の企業。
 ベトナム・デアリ・プロダクツ ベトナム 3.37% 乳製品産業を行うベトナム企業。
 ビンホームズ ベトナム3.31% 住宅不動産事業を行うベトナム企業。
 サファリコム ケニア 3.28% ケニア最大の電気通信プロバイダー。
 マサン・グループ ベトナム 3.22% ベトナムの小売り最大手。
 トランシルバニア銀行 ルーマニア 3.06% ルーマニアの大手銀行。
 マレル(MAREL) アイスランド 3.02% アイスランドの大手食品加工会社。
 クルカ(KRKA)スロベニア  2.92%スロベニアの大手ジェネリック製薬会社。 
 ホア・ファット・グループ(Hoa Phat Group JSC) ベトナム 2.62% ベトナムの鉄鋼メーカー。


フロンティア株式市場だけあって、見慣れない企業が並んでいます。



MSCIフロンティア・マーケット・インデックス 組をベンチマークとするファンドや国内ETF

MSCIフロンティア・マーケット・インデックスをベンチマークとするインデックスファンドや国内ETFにはありません。
関連記事