2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

サウジアラムコがアップルを抜き時価総額世界最大に 全世界株式指数に占める比率を確認

CATEGORY新興国株式
右肩上がりのチャート

サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコの時価総額が先月5月11日にアップルを抜いて世界最大となりました。
全世界株式指数であるMSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス に占めるサウジアラムコの構成比率を確認します。


時価総額がアップルを抜き世界最大のサウジアラムコの全世界株式指数に占める構成比率

 サウジアラムコ、時価総額で世界最大の企業に-アップル超える | ブルームバーグ
 

サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコが11日、米アップルを抜いて時価総額で世界最大の企業となった。


アラムコの株価は過去最高値近くに上昇し、時価総額が約2兆4300億ドル(315兆2000億円)と2020年以降初めてアップルを上回った。


時価総額(=発行株式数×株価)はここ数年は米国のアップルでしたが、サウジアラビアの石油会社であるサウジアラムコの時価総額がアップルを抜き世界最大の企業となりました。

サウジアラビアは2019年5月からMSCIエマージング・マーケット・インデックスに組み入れられています。



MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス 組入上位10銘柄の構成比率


 MSCI ACWI  ファクトシート (英語版PDF)

MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス 組入上位10銘柄の構成比率

MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス組入上位1位のアップルの浮動株調整時価総額は2586.47USD Billions (2022年4月29日時点)です。



MSCIサウジアラビア 組入上位10銘柄の構成比率

 MSCI Saudi Arabia Index ファクトシート (英語版PDF)

MSCIサウジアラビア 組入上位10銘柄の構成比率

一方、MSCIサウジアラビアの中のサウジアラムコは組入4位で、浮動株調整時価総額は26.34USD Billions (2022年4月29日時点)です。

MSCI指数は、国や政府、親会社などが保有している固定株を除いた(株式市場に流通している)浮動株調整時価総額比率で構成されます。

そのため、アップルとサウジアラムコの時価総額がほぼ同じでも、浮動株調整時価総額比率はおよそ100:1です。
これにより、MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックスの中にアップルは4.25%含まれているので、サウジアラムコは約0.04%含まれていると予測できます。
思っていたより比率が小さくて驚きです。

サウジアラムコは国営会社だけあって、サウジアラビアがほとんどの株式を保有しており、浮動株比率が時価総額の1%程度しかないことになります。

これより、サウジアラムコが時価総額世界首位でも、投資という点ではほぼ影響はなさそうです。
関連記事
スポンサーサイト