2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

MAXIS Jリート上場投信など東証上場3本のJリートETFが信託報酬引下げへ

CATEGORY日本REIT
ETF

MAXIS Jリート上場投信(1597)などJリート(日本の不動産投資信託)に投資する3本のETFの信託報酬が引下げられます。


MAXIS Jリート上場投信(1597)など3本のJリートETFの信託報酬が引下げ

 『MAXIS Jリート上場投信』『MAXIS高利回りJリート上場投信』『MAXIS Jリート・コア上場投信』信託報酬率の引き下げを実施 | 三菱UFJ国際投信 (PDF)
  

この度、三菱UFJ国際投信株式会社(取締役社長 横川 直)は以下 3 本の ETF(上場投資信託)について2022 年 7 月 9 日に、信託報酬率の引き下げを実施することをお知らせいたします。



MAXIS Jリート上場投信(1597)などベンチマークが異なる3本のJリートETFが2022年7月9日に信託報酬引下げとなります。

信託報酬引下げとなるETF
 ファンド 銘柄
コード
ベンチマーク  信託報酬(税抜) 
 変更前変更後 
 MAXIS Jリート上場投信 1597 東証REIT指数 0.25% 0.145%
 MAXIS 高利回りJリート上場投信 1660 野村高利回りJリート指数 0.25% 0.145%
 MAXIS Jリート・コア上場投信 2517 東証REIT Core指数 0.25% 0.145%


結果、これらベンチマーク別の日本リートETFとしては、それぞれいずれも信託報酬最安のETFとなります。

  • MAXIS Jリート上場投信は、iシェアーズ・コア Jリート ETF(1476)(信託報酬0.15%(税抜))を下回る信託報酬最安の東証REIT指数ETF。

  • MAXIS 高利回りJリート上場投信は、野村高利回りJリート指数をベンチマークとする唯一のリートETFのため、もちろん信託報酬最安。

  • MAXIS Jリート・コア上場投信は、ダイワ上場投信-東証REIT Core指数(信託報酬0.20%(税抜))を下回る信託報酬最安の東証REIT Core指数ETF.



私はメインで購入しているeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の中にREITも時価総額分含まれているため、JリートのETFやインデックスファンドの購入はしていませんが、個別にJリートを保有してる方や購入している方には今回の信託報酬引下げのニュースは朗報です。
関連記事