2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

グローバルX S&P500配当貴族ETF(2236) 信託報酬0.275%(税抜)で東証に上場へ

CATEGORYその他ETF
円グラフと電卓

25年以上連続で増配している米国の大型株式で構成されるS&P500配当貴族指数をベンチマークとする初のETF、グローバルX S&P500配当貴族ETF(2236)が2023年1月13日に東証に上場します。


グローバルX S&P500配当貴族ETF(2236) 信託報酬0.275%(税抜)で登場

 2236:グローバルX S&P500配当貴族ETF | 東証マネ部!

 グローバルX S&P500配当貴族ETF | 東証 (PDF)

グローバルX S&P500配当貴族ETFは、25年以上連続で増配している米国上場企業により構成される「S&P 500配当貴族指数」との連動をめざすETFです。

当ETFは連続増配に着目した米国株ETFとしては国内で初めての商品であり、投資家の皆さまに新たな選択肢をご提供したいとの思いから当ETFを組成するに至りました。



  • ETF名称: グローバルX S&P500配当貴族ETF

  • 略称: GXUS配当貴族

  • 銘柄コード: 2236

  • ベンチマーク: S&P500配当貴族指数

  • 信託報酬: 0.275%(税抜)=(税込0.3025%)以内

  • 上場予定日: 2023年月13日

  • 売買単位: 1口単位

  • 決算日: 年6回(1月24日、3月24日、5月24日、7月24日、9月24日、11月24日)

  • 管理会社: Global X Japan




S&P500配当貴族指数をベンチマークとする初のETF

S&P500配当貴族指数は、25年以上連続で増配している米国大型株式64銘柄(2022年12月30日時点)で構成される米国高配当株
式指数です。

今までは、S&P500配当貴族指数(配当込み)をベンチマークとするETN(指標連動証券)である、資産の裏付けのないNEXT NOTES S&P500 配当貴族(ネットリターン) ETN(2044)しかありませんでした。

今回のグローバルX S&P500配当貴族ETFが初の東証上場のETFになります。
信託報酬は年0.275%(税抜)と、S&P500配当貴族指数インデックスファンドであるTracers S&P500配当貴族インデックス(米国株式)(信託報酬0.105%(税抜))よりは高いですが、指値での購入などファンドとは違った使い方を目的に米国株派の方が購入するのはありだと思います。

ただ、ETFは上場後の出来高が少なくて利用しづらいなど問題がある可能性もあります。
実際に上場してからの状況を確認してからでの購入検討でも十分と思います。
関連記事
スポンサーサイト