2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

主要ネット銀行の定期預金金利比較一覧(2023年9月版)

9月のカレンダー

主要ネット銀行の定期預金金利比較一覧を最新版に更新します。


主要ネット銀行の定期預金金利比較 (2023年9月30日更新)

銀行ごとの定期預金金利を満期期間別に比較表にしました。(下表)

各満期毎に最も金利が高いものに黄色のハッチングにしています。
2番目に金利が高いものは太文字にしています。



2023年9月の主要ネット銀行の定期預金金利まとめ
 銀行  満期(年率・税引前)) コメント
 1ヶ月 3ヵ月6ヶ月  1年 2年 3年 5年 
 住信SBIネット銀行0.02%0.02%0.02%0.02% 0.02% 0.02% 0.02%円定期預金特別金利キャンペーン満期1年0.20%は2023年9月3日に終了
SBIハイブリッド預金の金利は0.01%。
普通預金の金利は0.001%。
楽天銀行*0.12%0.02%0.02% 0.02%0.02% 0.02%0.02%円定期預金 夏のボーナスキャンペーン満期6ヵ月0.13%、満期1年0.15%は2023年7月31日に終了。(*)自分名義の他行口座から振り込んだ資金限定の定期預金キャンペーン「資金お引越し定期」満期1ヵ月0.12%(上限300万円まで)を実施中。
マネーブリッジ利用で普通預金金利が300万円まで0.10%。300万円超は0.04%。
 ソニー銀行 0.01%0.01%0.02%0.02%0.02%0.05% 0.10%円定期特別金利 満期6ヵ月、1年0.20%は2023年8月31日に終了。
オリックス銀行 なしなし 0.10%0.15%0.15%0.22%0.30%eダイレクト2週間定期預金の金利は0.07%。普通預金金利は0.01%。
 SBI新生銀行 0.05%0.05% 0.05%0.05% 0.10%0.30%0.40%2週間満期預金の金利は年0.03%。満期3年0.30%、満期5年0.40%の金利にUP中。
PayPay銀行  0.02% 0.02% 0.02% 0.02% 0.02%0.02% 0.02%普通預金金利は0.001%
あおぞら銀行BANK支店 なし なし0.20%0.21%0.22%0.23%0.25% 普通預金金利が年0.20%とトップクラスです。
 SBJ銀行0.03% 0.03%0.03%0.25%0.30%0.15%0.20%「SBJ14周年記念定期預金~いい預金でいい予感♪~キャンペーン」として満期1年0.25%、満期2年0.30%、満期4年0.35%を2024年1月10日まで実施中。
 UI銀行 0.12%0.12%0.12%0.30%0.30%0.30% 0.20% 普通預金金利は0.10%。2023年10月31日まで満期1年、2年、3年0.30%のキャンペーン中。
auじぶん銀行 1.80% 0.04%0.03%0.10% 0.03% 0.03% 0.03% 「阪神タイガース優勝キャンペーン」として、満期1ヵ月1.80%の特別金利を2023年10月20日まで実施中。(上限50万円)
 ネットきらやかさくらんぼ支店なし 1.00%なし 0.25%なし なし なし  定期預金きらきらプレミアムとして300万円以上で満期3ヵ月1.0%のキャンペーンを10月31日まで実施中。
 スルガ銀行Dバンク支店0.05% 0.09% 0.11% 0.13% 0.11% 0.11% 0.11%満期1年0.13%のスペシャルギフト付き定期預金 特別金利キャンペーンは2023年9月29日まで実施中。




住信SBIネット銀行(満期1年0.20%)やソニー銀行(満期6ヵ月と1年0.20%)など大手ネット銀行で実施されていた夏のボーナス時期の定期預金キャンペーンも、8月末に終了してしまいました。


定期預金の金利比較記事を更新しても意味ないのではと思っていたら、新たに開始されたいくつかのネット銀行の定期預金キャンペーンを含め、以下の定期預金キャンペーンがまだ利用できます。


そのため、まだ満期1年の定期預金でも金利0.30%あたりの金利はまだ狙えます。
ただ、個人向け国債 変動10年の利率も9月は0.43%まで上昇しており、定期預金よりも高い金利です。

個人向け国債は購入後1年間は中途解約できないため、満期1年以下であれば定期預金、満期1年以上であれば個人向け国債 変動10年にしても良さそうです。
私も満期が来た定期預金を徐々に個人向け国債に移し変えています。
関連記事