2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

Smart-i DC 全世界株式インデックス DC専用全世界株式インデックスファンドが登場

CATEGORYSmart-i
年金とお金のイメージ

確定拠出年金(DC)専用のSmart-i DC 全世界株式インデックスが2023年9月25日より運用されています。



Smart-i DC 全世界株式インデックス ACWI(配当込み)をベンチマークとするDC専用全世界株式インデックスファンド

 Smart-i DC 全世界株式インデックス | りそなアセットマネジメント


基本情報

  • ファンド名: Smart-i DC 全世界株式インデックス

  • 購入手数料: なし(ノーロード)

  • 信託報酬: 年0.125%(税抜)⇒ 年0.1375%(税込)

  • 信託財産留保額: なし

  • ベンチマーク:  MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス (ACWI)(配当込み)

  • 設定日: 2023年9月25日

  • 決算: 年1回(8月15日)

  • 運用会社: りそなアセットマネジメント

  • 販売会社: 現時点はなし



投資対象マザーファンド

以下3つのマザーファンドにファミリーファンド方式で投資。日本株式部分のマザーファンドのベンチマークはMSCI ジャパン・インデックス(配当込み)です。

Smart-i DC 全世界株式インデックスの投資対象マザーファンド



DC専用ファンドとしては(おそらく)初の全世界株式インデックスファンド

DC専用ファンドとしては、昔からオルカンのような全世界株式インデックスファンドはなく、先進国株式インデックスファンドが主流でした。

ファンド名に「全世界株式」と入っていても、日本除く全世界株式に投資するファンドであることも多く、私が探した中でACWIインデックスファンドはSmart-i DC 全世界株式インデックスのみでした。

まだどこの販売会社でも取り扱いされていませんが、今後、DCでも ACWI(配当込み)をベンチマークとする全世界株式インデックスファンド1本に投資することができるきっかけになるかもしれません。



補足: DCニッセイ全世界株式インデックスコレクトも新規設定されましたが、こちらはベンチマークはなし

なお、このファンドの設定日の10日前に設定された全世界株式に投資するファンドとして、DCニッセイ全世界株式インデックスコレクト(信託報酬0.095%(税抜))があります。
 ⇒ DCニッセイ全世界株式インデックスコレクト | ニッセイアセットマネジメント


DCニッセイ全世界株式インデックスコレクトの日本株式部分のマザーファンドのベンチマークは、以下のようにMSCIジャパンインデックス(配当込み)ではなく、TOPIX(配当込み)です。

DCニッセイ全世界株式インデックスコレクトの投資対象マザーファンド

おそらく、ニッセイアセットマネジメントにMSCIジャパンインデックスをベンチマークとするマザーファンドが存在していないためと思われます。
そのため、DCニッセイ全世界株式インデックスコレクトのベンチマークは「なし」となっています。
関連記事
スポンサーサイト