2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

ニッセイ・S米国株式500インデックスファンド 「ニッセイ・Sシリーズ」第1弾が登場へ 【追記あり】

CATEGORYニッセイ
ニュース

日本経済新聞によると、ニッセイアセットマネジメントが新たに投信の「ニッセイ・Sシリーズ」を11月に設定します。
その第1弾は、米国大型株に投資するニッセイ・S米国株式500インデックスファンド(信託報酬0.057%(税込))とのこと。


ニッセイ・S米国株式500インデックスファンドが11月に登場

 投信値下げ競争、ニッセイアセットが参戦 準大手に波及 | 日本経済新聞

ニッセイアセットは11月から投信の新シリーズ「ニッセイ・S」を投入する。



「ニッセイ・S」シリーズの第1弾は、以下の「ニッセイ・S米国株式500インデックスファンド」です。

  • ファンド名: ニッセイ・S米国株式500インデックスファンド

  • ベンチマーク: ソラクティブGBS米国500指数

  • 投資対象: 米国の時価総額上位500銘柄

  • 信託報酬: 年0.057%(税込)

  • 設定日: 2023年11月

  • 運用会社: ニッセイアセットマネジメント


  • 「ニッセイ・S」シリーズのインデックスファンドのベンチマークは、ドイツの指数算出会社「ソラクティブ」の指数を使うとのことです。
    ニッセイ・S米国株式500インデックスファンドのベンチマークも(S&P500ではなく)、ソラクティブGBS米国500指数となっています。

    ベンチマークは異なりますが、同じ米国大型株500銘柄に投資するeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)(信託報酬0.09372%(税込))より信託報酬は4割ほど低い年0.057%(税込)です。

    日本経済新聞による速報のため、詳細が判明しましたら別途お知らせします。


    関連記事

     [2023.10.18追記]
     ニッセイアセットマネジメントから正式告知がありました。ファンド名と信託報酬が異なっているのでご注意ください。
     <購⼊・換⾦⼿数料なし>ニッセイ・S米国株式500インデックスファンドが信託報酬最安で登場へ
    関連記事
    スポンサーサイト