2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

auAM Nifty50インド株ファンド 信託報酬を最安付近に引下げ

CATEGORY新興国株式
インドを含むアジアの地図と赤鉛筆

auAM Nifty50インド株ファンドの信託報酬が年0.49%(税抜)から年0.425%(税抜)に引下げられます。


auAM Nifty50インド株ファンド 信託報酬を税込0.539%から0.4675%に引下げへ

 「auAM Nifty50インド株ファンド」信託報酬率引き下げのお知らせ | auアセットマネジメント
 

auアセットマネジメント株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:清水 慎一)は、このたび「auAM Nifty50インド株ファンド」(以下 当ファンド)の信託報酬率を引き下げることといたしました。



信託報酬引下げ内容

 現信託報酬 0.49%(税抜)(=0.539%(税込))  ⇒ 変更後 0.425%(税抜)(=0.4675%(税込))  



信託報酬変更日

 2023年11月8日


auAM Nifty50インド株ファンド ほぼ信託報酬最安レベルにまで引下げ

auAM Nifty50インド株ファンドは2023年8月29日より運用されているインド株式インデックスファンドです。

現在の信託報酬は0.539%(税込)ですが、同じNifty50指数(配当込み)をベンチマークとするiFreeNEXT インド株インデックスが信託報酬を0.473%(税込)に引下げていました。

今回、信託報酬を0.4675%(税込)にまで引下げることで、iFreeNEXT インド株インデックスより信託報酬が低く、さらにSBI・ iシェアーズ・インド株式インデックス・ファンドの信託報酬0.4638%程度(税込)にほぼ並んでいます。

結果、以下のように3つのインド株式インデックスファンドは信託報酬がほぼ横並びとなります。
 ⇒ご参考: インド株式インデックスファンドの投資対象やベンチマーク、信託報酬等の比較 

 ファンド SBI・ iシェアーズ・インド株式インデックス・ファンド iFreeNEXT インド株インデックスauAM Nifty50インド株ファンド
 投資対象 ボンベイ証券取引所(BSE)に上場する30銘柄の現物株に投資。インド・ナショナル証券取引所に上場する50銘柄に、Nifty先物を通して投資。
 ベンチマーク S&P BSE SENSEX インデックス Nifty50指数(配当込み)
 購入手数料 なし(ノーロード)  
 信託報酬(税込) 0.4638%程度 0.473% 0.4675%
 信託財産留保額 なし
 設定日 2023年9月22日2023年3月13日  2023年8月29日
 運用会社 SBIアセットマネジメント大和アセットマネジメント  auアセットマネジメント



いずれも2023年に設定された新しいファンドです。
実際のリターンは、信託報酬のわずかな差よりも、ベンチマークや運用対象、運用手腕による影響の方が大きそうです。
関連記事
スポンサーサイト