2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

つみたてiシェアーズ 米国株式(S&P500)インデックス・ファンドが信託報酬単独最安で登場

株式投資のイメージ チャートとシャープペン

つみたてiシェアーズ 米国株式(S&P500)インデックス・ファンド (愛称:つみたてS&P500)が信託報酬単独最安で2023年11月17日より運用されています。

<最終更新日:2023年11月26日>
信託報酬の誤記を修正しました。


つみたてiシェアーズ 米国株式(S&P500)インデックス・ファンド (愛称:つみたてS&P500)がマネックス証券専用ファンドとして登場

 【業界最低水準の低コスト】新ファンド「つみたてS&P500」誕生 | マネックス証券

つみたてiシェアーズ 米国株式(S&P500)インデックス・ファンド の基本情報は以下の通りです。

 基本情報
 ファンド名 つみたてiシェアーズ 米国株式(S&P500)インデックス・ファンド
(愛称:つみたてS&P500)
 購入時手数料 なし(ノーロード)
 信託報酬 当初から2026年5月7日まで:年0.0586%程度(税込)⇒年0.056%(税抜)
2026年5月8日以降は年0.09072%(税込))⇒年0.0852%(税抜)
 信託財産留保額 なし
 ベンチマーク S&P500指数(配当込み)
 為替ヘッジ なし
 設定日 2023年11月17日
 決算 年1回(5月2日)
 運用会社 ブラックロック・ジャパン
 販売会社 マネックス証券専用



マネックス証券専用の米国S&P500インデックスファンド

つみたてiシェアーズ 米国株式(S&P500)インデックス・ファンドは、既存のiシェアーズ 米国株式(S&P500) インデックス・ファンド同様に、海外ETFであるIVV (iShares Core S&P 500 ETF)(経費率年0.03%)に投資する米国S&P500インデックスファンドです。

設定当初の信託報酬は、そのIVVの経費率0.03%を合わせて年0.0586%程度(税込)、2026年5月8日以降は年0.09072%(税込)とのことです。

これは、現在S&P500インデックスファンドであるeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)たわらノーロード S&P500などの信託報酬年0.09372%(税込)より低くなっています。

ただし、マネックス証券専用ファンドとのことで、純資産総額の増加は限定されてしまいそうです。
関連記事
スポンサーサイト