2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー) 設定から5周年の生誕祭動画の紹介

CATEGORYeMAXIS
5YEARS

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)(オルカン)が先月10月31日に運用開始から5周年を迎えました。
三菱UFJアセットマネジメントがオルカン生誕祭として動画をアップしています。


eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー) 生誕祭として5年間の歩みと魅力が紹介されています


 【オルカン5周年】eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)生誕祭!5年間の歩みとオルカンの魅力|三菱UFJアセットマネジメント (YouTube動画)


目次は以下の通りです。

  • オルカン生誕祭イベントの様子

  • eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)とは

  • オルカンの歩み

  • 当社の取り組み

  • 5年間の感謝を込めて



オルカンは日本を含む先進国、新興国の株式とリート計約2900銘柄に1本で国際分散投資ができる全世界株式インデックスファンドで、私もメインで積み立てています。

上の動画では、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の設定来の純資産総額が今の1兆5000億円超となるまでの増加の推移が解説されています。

また、オルカンのベンチマークであるMSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス(配当込み)の中身や、「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year」 にて4連覇中であること、オルカンの何度も行われてきた信託報酬の引下げの取組みもアピールされています。

5分程度の動画なのでさらっと視聴できます。



設定来の基準価額および純資産総額の推移

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)は、2018年10月31日に設定され、5年後の2023年10月31日に5周年を迎えました。

設定来の基準価額および純資産総額の推移は以下の通りです。

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー) 設定来の基準価額および純資産総額の推移

設定から約4年11ヵ月の2023年9月には基準価額が2万円超となり、現在も少し下がったとはいえ、基準価額は19582円となっています。

純資産総額も約1兆5393億円と大きくなり、信託報酬も年0.0525%(税抜)(=年0.05775%(税込))以内と超低コストです。
オルカンの今後の運用に引き続き期待しています。
関連記事
スポンサーサイト