2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

SBI日本国債(分配)ファンド(年4回決算型) 信託報酬最安の国内債券ファンドが登場

CATEGORY日本債券
長期金利上昇のイメージ

国内債券ファンドとして信託報酬最安となるSBI日本国債(分配)ファンド(年4回決算型)が2023年11月28日に設定されます。


<最終更新日:2023年11月18s日>
交付目論見書が公開されたため、情報を追加しました。


SBI日本国債(分配)ファンド(年4回決算型) 信託報酬が0.099%(税込)と単独最安の国内債券ファンド

 国内債券ファンドでコスト最安の「日本国債ファンド」『SBI日本国債(分配)ファンド(年4回決算型)』 募集・設定のお知らせ| SBIグローバルアセットマネジメント

本ファンドは、主として日本の国債に実質的に投資することにより、安定的な収益の確保と信託財産の着実な成長を目指して運用を行い、毎年1月、4月、7月、10月の年4回の決算時に分配金を支払うことを目指します。また信託報酬は年率0.099%(税込)と国内債券に投資するファンドとして最も低い運用管理費用となっています。




基本情報

SBI日本国債(分配)ファンド(年4回決算型)の基本情報は以下の通りです。

 SBI日本国債(分配)ファンド(年4回決算型) 交付目論見書 | SBIアセットマネジメント (PDF)

 基本情報
 ファンド名 SBI日本国債(分配)ファンド(年4回決算型)
(愛称:SBI日本シリーズ - 日本国債(分配))
 購入時手数料 なし(ノーロード)
 信託報酬 年0.099%(税込)(=年0.090%(税抜))
 信託財産留保額 なし
 ベンチマークなし
 為替ヘッジ なし(為替リスクなし)
 設定日 2023年11月28日
 決算 年4回(1月10日、4月10日、7月10日、10月10日)
 運用会社 SBIアセットマネジメント
 販売会社 SBI証券(2023年11月13日より募集中)


SBI日本シリーズの第1弾として、SBI日本国債(分配)ファンド(年4回決算型)が設定されます。


信託報酬単独最安をアピールしているのに、年4回の分配金が余計

SBI日本国債(分配)ファンド(年4回決算型)は、現時点で国内債券ファンドとして信託報酬が0.11%(税込)と最安のMy SMT 国内債券インデックス(ノーロード)を下回る信託報酬0.099%(税込)で設定されます。


特色としては以下の通りです。

主として残存期間30年程度までの日本の国債を実質的な投資対象とし、金利環境に応じて残存期間別の組入比率の決定/調整を行います。
物価連動国債に投資することがあります。



ベンチマークはなく、金利環境に応じて満期までの残存期間別の国債の比率を調整していくアクティブファンドのようです。
日本の国債も10年国債利回りが年0.9%台まで上昇してきた中、設定されたファンドですが、分配金を年4回出す気なのがほんと余計です。

需要があるのか不思議ですが、信託報酬最安となる国内債券ファンドですので紹介しました。

関連記事

 [2023.11.18追記]
 SBI日本シリーズの第2弾として、SBI日本高配当株式(分配)ファンド(年4回決算型)も設定されます。
 SBI日本高配当株式(分配)ファンド(年4回決算型) 信託報酬単独最安の国内株式ファンドが登場
関連記事
スポンサーサイト