2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

SMTAMインド株式インデックス・オープン 信託報酬最安のインド株式ファンドが登場【速報】

CATEGORY新興国株式
NEWSと書かれたクリップボード

EDINET情報によると、インド株式インデックスファンドとして信託報酬単独最安のSMTAMインド株式インデックス・オープンが新規設定されます。


SMTAMインド株式インデックス・オープン インド株式インデックスファンドとして信託報酬最安で登場へ

 SMTAMインド株式インデックス・オープン 三井住友トラスト・アセットマネジメント有価証券届出書  | EDINET

SMTAMインド株式インデックス・オープンの基本情報は以下の通りです。


 基本情報
 ファンド名 SMTAMインド株式インデックス・オープン
 購入時手数料 3.3%上限(税込)(=3.0%上限(税抜))。
主要ネット証券では、なし(ノーロード)。
 信託報酬 年0.308%(税込)(=年0.28%(税抜))
 信託財産留保額 なし
 ベンチマーク Nifty50指数(配当込み)
 為替ヘッジ なし
 設定日 2023年12月15日
 決算 年1回
 運用会社 三井住友トラスト・アセットマネジメント
 販売会社 不明



SMTAMインド株式インデックス・オープンは信託報酬最安のインド株式インデックスファンドに

インド株式インデックスファンドの投資対象やベンチマーク、信託報酬等の比較でお伝えした、既存の3つのインド株式インデックスファンドの投資対象やベンチマーク、信託報酬の比較は以下の通りです。 
 

 ファンド SBI・ iシェアーズ・インド株式インデックス・ファンド iFreeNEXT インド株インデックスauAM Nifty50インド株ファンド
 投資対象 ボンベイ証券取引所(BSE)に上場する30銘柄の現物株に投資。インド・ナショナル証券取引所に上場する50銘柄に、Nifty先物を通して投資。
 ベンチマーク S&P BSE SENSEX インデックス(配当込み) Nifty50指数(配当込み)
 購入手数料 なし(ノーロード)  
 信託報酬(税込) 0.4638%程度 0.473% 0.4675%
 信託財産留保額 なし
 設定日 2023年9月22日2023年3月13日  2023年8月29日
 運用会社 SBIアセットマネジメント大和アセットマネジメント  auアセットマネジメント


現時点では、SBI・ iシェアーズ・インド株式インデックス・ファンドが信託報酬最安ですが、新たに設定されるSMTAMインド株式インデックス・オープンが信託報酬最安となります。

まだ投資対象など細かい点がよくわからず、三井住友トラスト・アセットマネジメントから正式発表があれば改めてお伝えします。
関連記事
スポンサーサイト