2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

主要ネット銀行の定期預金金利比較(2023年12月)  ボーナス時期のキャンペーン勢揃い

25226220_s.jpg

主要ネット銀行の定期預金金利比較一覧を最新版に更新します.。
12月のボーナス時期だけあって、各銀行からいつもより高めの金利が発表されています。

<最終更新日: 2023年12月17日>


主要ネット銀行の定期預金金利比較 (2023年12月17日更新)

銀行ごとの定期預金金利を満期期間別に比較表にしました。(下表)

各満期毎に最も金利が高いものに黄色のハッチングにしています。
2番目に金利が高いものは太文字にしています。

 [2023.12.17追記]
 SBI新生銀行の「円定期預金 冬の金利アップキャンペーン」として満期1年ものが年0.20%から年0.25%に金利UPされたことを反映しました。


2023年12月の主要ネット銀行の定期預金金利まとめ
 銀行  満期(年率・税引前)) コメント
 1ヶ月 3ヵ月6ヶ月  1年 2年 3年 5年 
 住信SBIネット銀行0.02%0.02%0.02%0.20% 0.02% 0.02% 0.40%満期1年0.20%、満期5年0.40%の「円定期預金特別金利キャンペーン」を2024年2月4日まで実施中SBIハイブリッド預金の金利は0.01%。
普通預金の金利は0.001%。
楽天銀行*0.20%0.02%0.13% 0.15%0.02% 0.02%0.02%満期6ヵ月0.13%、満期1年0.15%の円定期預金冬のボーナスキャンペーンを2024年1月31日まで実施中。
(*)自分名義の他行口座から振り込んだ資金限定の定期預金キャンペーン「資金お引越し定期」満期1ヵ月0.20%(上限300万円まで)を実施中。
マネーブリッジ利用で普通預金金利が300万円まで0.10%。300万円超は0.04%。
 ソニー銀行 0.01%0.01%0.23%0.20%0.02%0.05% 0.10%満期6ヵ月0.23%、満期1年0.20%の円定期特別金利キャンペーンを2024年2月29日まで実施中。
オリックス銀行 なしなし 0.10%0.30%0.15%0.35%0.40%満期1年、2年、3年、5年。7年の金利UPを継続中満期7年は0.45%eダイレクト2週間定期預金の金利は0.07%。普通預金金利は0.01%。
SBI新生銀行 0.10%0.05% 0.20%0.25% 0.10%0.40%0.55%満期6ヵ月と1年0.20%、満期3年0.40%、満期5年0.55%の円預金冬の大感謝祭キャンペーンを実施中。
冬の金利アップキャンペーンとして、12月15日に満期1年は0.20%から0.25%に金利アップ。
2週間満期預金
の金利は年0.03%。
PayPay銀行  0.02% 0.02% 0.02% 0.02% 0.02%0.02% 0.02%普通預金金利は0.001%
あおぞら銀行BANK支店 なし なし0.20%0.21%0.22%0.30%0.40% 普通預金金利が年0.20%とトップクラスです。
満期3年0.30%、満期5年0.40%と金利が2023年11月よりUPしています。
 SBJ銀行0.03% 0.03%0.03%0.25%0.30%0.15%0.20%「SBJ14周年記念定期預金~いい預金でいい予感♪~キャンペーン」として満期1年0.25%、満期2年0.30%、満期4年0.35%を2024年1月10日まで実施中。
 UI銀行 0.12%0.12%0.12%0.20%0.20%0.20% 0.20% 普通預金0.10%。
auじぶん銀行 0.03%0.04%0.03%0.35% 0.03% 0.03% 0.03% 満期1年0.35%の円定期預金を2024年1月31日まで実施中。
 ネットきらやかさくらんぼ支店なし なし0.33%0.25%なし なし なし  きらきらさんさん定期預金 満期6ヵ月0.33%、
きらきらさくらんぼ定期預金 満期1年0.25%のキャンペーン中。
普通預金は0.10%。
 スルガ銀行Dバンク支店0.05% 0.09% 0.11% 0.11% 0.11% 0.11% 0.11%12月25日よりスペシャルギフト付き定期預金 特別金利キャンペーンを行うと予告有。


先月11月と違い、12月は各銀行からボーナス時期のキャンペーン金利が発表されています。

満期1年だと住信SBIネット銀行の0.20%は各社当たり前で、auじぶん銀行の0.35%、オリックス銀行の0.30%など比較的大手が高めの金利を発表しています。

また、SBI新生銀行は、満期3年0.40%、満期5年0.55%と最近はあまり見ない高めの金利となっています。
地味に満期1ヵ月でも楽天銀行の「資金お引越し定期」がいつも0.12%のところ0.20%まで金利が上がっています。

今月は個人向け国債 変動10年の利率は0.46%まで下がりましたがそれでも定期預金よりも高い金利です。

ただし個人向け国債は購入後1年間は中途解約できないため、満期1年以下であれば定期預金、満期1年以上であれば個人向け国債 変動10年にしても良いと思います。
関連記事
スポンサーサイト