Top Page > インデックスファンド > インデックスe(旧CMAM) > CMAMインデックスはもっと評価されるべき

CMAMインデックスはもっと評価されるべき

CMAMインデックス_ファンドラインナップ

4月から購入可能となったCMAMインデックスシリーズについて、ライバルの STAMインデックスシリーズ、eMAXISインデックスシリーズと各資産クラス毎に信託報酬を比較してみます。

関連記事

 低コストインデックスファンドCMAMシリーズが今月から購入可能に
 CMAMシリーズ SBI証券で購入可能です
 CMAMインデックスe 楽天証券でも購入可能に





STAM、eMAXIS、CMAMインデックスファンド 4資産クラスの信託報酬比較
 
日本株式クラス

TOPIX信託報酬信託財産留保額
STAM TOPIXインデックス0.4725%0.05%
eMAXIS TOPIXインデックス0.4200%なし
CMAM日本株式インデックスe0.3885%なし



日本債券クラス

NOMURA-BPI 総合信託報酬信託財産留保額
STAM国内債券インデックス0.4200%0.05%
eMAXIS国内債券インデックス0.4200%なし
CMAM日本債券インデックスe0.3885%なし



先進国株式クラス

MSCI-KOKUSAI (除く日本)信託報酬信託財産留保額
STAMグローバル株式インデックス0.630%0.05%
eMAXIS先進国株式インデックス0.630%なし
CMAM外国株式インデックスe0.525%なし



先進国債券クラス

シティグループ世界国債 (除く日本)信託報酬信託財産留保額
STAMグローバル債券インデックス0.5775%0.05%
eMAXIS先進国債券インデックス0.6300%なし
CMAM外国債券インデックスe0.5250%なし





比較結果

どれもCMAMインデックスeが一番低コストです。
もちろん運用報告書が発行されないと信託報酬以外の隠れコストがどれくらいあるかわかりませんが、マザーファンドも巨大で年金運用等に実績のある中央三井です。

利用しない点はないと考えます。

関連記事

 [2011.02.26追記]
 運用報告書がUPされました。期待通りCMAMインデックスシリーズが一番低コストでした。
 CMAMインデックスeはもっともっと評価されるべき

 [2011.11.12追記]
 野村インデックスファンド(Funds-i) (2011年9月6日決算) 実質コスト




所感

CMAMインデックスシリーズは先行のSTAM、eMAXIS両インデックスシリーズと比較してまだまだ純資産額の伸びは悪いです。

まだSBI証券と楽天証券のみの取扱のため、なかなか資金が集まりにくいというのもありますが、STAMやeMAXISよりも宣伝しておらず、一般に認知度が低いということも一因にあると思います。

関連記事

[2010.12.29追記]
 カブドットコム証券でも取扱いが開始されます。
 CMAMインデックスe、Funds-iシリーズ カブドットコム証券で来年取扱開始


無駄な出費を抑えて低コストを心がける姿勢には共感できます。
(私も現在、先進国株式、先進国債券は、CMAMを利用しています。)

積立で、以前のSTAM、eMAXIS(あるいは、ステートストリートやトヨタアセットバンガードや年金積立シリーズ)を設定したままの方は、CMAMインデックスeシリーズへの切替も検討する価値があると考えます。


CMAMインデックスシリーズも購入できるSBI証券は以下より資料請求・口座開設できます。
 SBI証券



関連記事

 [2011.01.09追記]
 記憶に残ったニュースまとめ(2010年)

 [2011.01.29追記]
 CMAMインデックスe カブドットコム証券取扱開始

 [2012.03.10追記]
 eMAXISインデックスシリーズ全12ファンドの実質コストまとめ
 CMAMインデックスe 全4ファンド実質コストまとめ (2012年3月版)

 [2012.04.01追記]
 STAMインデックスとCMAMインデックスファンドの名称変更

 [2012.11.10追記] 実質コスト情報を更新しました。
 低コストインデックスファンド6種の実質コスト比較 (2012年11月)

 [2014.02.07追記]
 外国株式インデックスeと外国債券インデックスeが分配金を出す

 [2015.03.14追記]
 インデックスeシリーズ全4ファンドの実質コストまとめ(2015年3月)

 [2015.12.12追記]
 インデックスeシリーズに新ファンドが追加されます。
 日経225インデックスe(信託報酬最安0.19%)がインデックスeシリーズに1月8日に追加
関連記事



【theme : インデックス投資
【genre : 株式・投資・マネー

tag : CMAMインデックスシリーズ

⇒comment

Secret

No title

CMAMは安くてとても惹かれるのですが、
信託報酬以外の隠れコストが出てこないと手を出しにくいです(;つД`)
運用報告書が出るまでは虫は我慢しておこうと思ってます(*´ω`*)

運用報告書が出てまたkenzさんのブログや他の方のブログで、
評価が出揃ってからのんびり参入させてもらいます( ´∀`)bグッ!

>虫さん

運用報告書が出るまで様子見もありだと思います。
私は応援の気持ちもあり積極的に乗り移っています。
マザーファンドも既存の巨大ファンドですし。
ただ隠れコストめちゃめちゃあったらそれはそれでブログネタとしてはおいしかったりします。

No title

自分もCMAMで運用しています。(国内債券以外)
やっぱりコスト重視です。

言われるように、地味ですよね・・・。
目論見書も色付きでないし。。。

しかし、マザーファンドは巨大ですし、安心して投資できると思いますよ!
(隠れコストは、決算が出ないと・・・。)


>spetoraさん
> 自分もCMAMで運用しています。(国内債券以外)
> やっぱりコスト重視です。

同意見です。資料も地味ですがそこがローコスト追及派には安心できるところ。
あとは隠れコストの確認だけがイベントとして残っていますね。

No title

CMAMは、既に年金運用をしている中央三井が
行われているということで迷わず選択しました。

これが、シティとかプルデンシャルとかであれば
疑ったかもしれませんが・・。

はじめまして

おいらはSTAMを積み立てていますが、
切替は住信と中央三井の統合で
今後の方向性が決まったら考えようかと思っています。.

どっちかなくなっちゃうかもしれませんし。

>矢向さん
たしかに中央三井は長年の年金運用での実績がありマザーファンドが大きいというのも安心材料ですね。
私もマザーファンドが新規設定でしたら様子をみたはずです。
シティは大嫌いなので間違っても購入しないですし。

>みやびさん
そこまでは心配していない楽観主義者なので、私はひたすら低コストファンドを探求しますが、STAMでもよいかも知れないですね。

No title

販売に対する利益が無いので、CMAMは、
販売チャネルが少ないというのがありますね。

っというか、ネット証券系なら進んで売ってもいいと思うんですけどね。SBIとマネックス以外も、、。

結局それ以外のネット証券会社はまずは利益率とかを考えているのですかね、、、

>矢向さん

信託報酬が最安だけあって未だにSBI証券と楽天証券でしかCMAMインデックスを販売していないのでやはりおっしゃる通り、他のファンドが売れなくなることを警戒しているのでしょうね。
マネックス証券も売る気はなさそうですし。
プロフィール

kenz

Author:kenz
川崎在住の40代サラリーマンのkenz (けんず)です。
妻(専業主婦)と二人です。2007年からはじめたインデックス投資の日々を記録します。

FacebooktwitterGooglePlusRSS

follow us in feedly



【メディア掲載履歴】
・Yen SPA! (エンスパ) 2019年 冬号
・株&投資信託大全
・投資信託完全ガイド
・日経ヴェリタス 2018年6月3日号
・日本経済新聞電子版 投信コラム
・「ほったらかし投資完全ガイド」
・東証 マネ部!にインデックス投資手法と投資に対する考え方の記事が掲載”
・「東証 マネ部!」と「webR25」初心者にオススメの投資先”
・東証 マネ部! 人気投資ブロガーが推奨する“初心者向け投資法”
・BIG tomorrow2016年12月号増刊
・BIG tomorrowマネー2016年10月号
・ビッグトゥモロウ2016年8月号
・日経ヴェリタス 2016年2月14日号
・ザイ・オンライン2016年1月13日
・Yen SPA! (エンスパ) 2016年 冬号
・日経ヴェリタス2015年11月15日号
・週間SPA!(スパ!) 2015年10/27号
・日経ヴェリタス2015年4月5日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2015年 冬号
・日経ヴェリタス2014年7月6日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2014年 夏号
・Yen SPA! (エンスパ) 2013年 夏号
・日経ヴェリタス2012年6月24日号
・日経ヴェリタス2012年4月29日号
・ネットマネー2012年6月号
・読売新聞2012年1月5日朝刊
・ビッグトゥモロウ11年12月号
・『THE21』2011年10月号
・Yen SPA (エンスパ)2011年夏号


【リンク】
当ブログはリンクフリーです。どの記事もご自由にリンク下さい。

メール(管理人への連絡はこちら)

クリックでメールフォームを表示

カテゴリ


最新記事
検索 (ブログ or Web内)
カスタム検索
スポンサーリンク
カウンター
注意事項
最終的な投資判断については自己責任でお願いいたします。未来は予見できないため、当ブログ内の情報により被った損害について一切の責任を負いかねます。
スポンサー リンク
Facebook
月次ページランキング
ブログパーツ
はてなブックマーク
月別アーカイブ
逆アクセスランキング



他の多くのお役立ち投資関連ブログは以下からどうぞ。
人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
厳選相互リンク
fx 比較