Top Page > 金融機関サービス > マネックス証券 > MONEX VISION β使用レビュー

MONEX VISION β使用レビュー

マネックス証券の資産設計アドバイスツール「MONEX VISION β(マネックス ビジョン ベータ)」を早速試してみました。
具体的には、現時点の資産配分(10/1)での金額を入力してみました。




「MONEX VISION β」とは

資産設計アドバイスツール 「MONEX VISION β」 生誕!

MONEX_VISIONβでできること



現在の保有ファンド情報を入力

マネックス証券で購入しているファンドや株式、債券など全て自動で入力されます。
私が保有しているマネックス債もきちんと日本債券クラスに入っていました。
マネックス証券以外の資産も、手動で各クラス毎に入力可能です。手動で入力した値は保存できるので便利。

MONEXVISIONβ資産額入力円グラフMONEXVISIONβ資産クラス別色分け



診断アドバイス結果

アドバイス結果は以下です。

MONEXVISIONβ分析結果



追加購入する場合のお勧めアセットクラスの提案

追加購入金額を入力すると、以下のようにお勧めアセットクラスを教えてくれます。
購入金額によって、アセットクラスや比率も変わります。
以下は適当な購入金額を入力して、「追加購入分だけ表示」をチェックした場合の図です。

MONEXVISONβ追加購入アセットクラスのアドバイス

お勧めの追加購入分は、

  • 新興国株式 33%
  • 世界REIT  40%
  • コモディティ 27%


とのこと。
新興国株式や世界REITはいいとして、私はコモディティは購入する気がないのでこの結果は参考になりませんでした。




所感

きれいな円グラフが作れてなかなか面白いです。
ただ私の場合、なぜか下にスクロールできず、リスクリターンの関係図やお勧めアセットクラス毎の具体的なファンド名が見えない状態です。現時点では原因不明です。

[2010.10.16追記]
本日試してみると、特にPC側は何も設定を変更していないのですが、スクロールもでき問題が解消されていました。


また、お勧めのアセットクラスとしてコモディティが選択されていますが、私のように、コモディティを投資対象としていない方は多いです。
ここは初期設定でコモディティを候補に入れるかどうか選べるとなお良いと感じました。

関連記事

 [2011.10.22追記]
 コモディティインデックス構成比 やっぱりコモディティファンドはお勧めできない
 コモディティファンドをお勧めできない4つの理由



まだβ版なので、ツールのさらなる進化に期待しています。

「MONEX VISION β」が利用できるマネックス証券は以下より口座開設できます。
マネックス証券


追記
「投信で手堅くlay-up!」のじゅん@さんも同ツールを使った感想を書かれています。合わせてどうぞ↓
 (まともなアドバイスを受けられているようです。)
  MONEX VISIONβを使ってみる
関連記事



【theme : 投資信託
【genre : 株式・投資・マネー

tag : MONEX VISION β 資産配分 アセットアロケーション

⇒comment

Secret

No title

こんばんは。
私も使用した感想をUPしました。
私の方は、コモディティもREITも持っていませんが、どちらもお勧めされませんでした(何が違うのでしょう?)。
目標ポートフォリオをもう少し細かくタイプ設定出来ると良いかもしれませんね。
全体としては出来の良さに驚いている位です。

No title

私の環境でもウィンドウに全ての情報が表示されない挙句、
スクロールもできませんでした。
正式リリースではきっと改善されるのでしょうね!

>じゅん@さん
ちゃんとしたアドバイスを受けられているようですね。追加購入額を変えるとお勧めされる資産クラスが違ってくるのがいまいちよくわからないのですが、コモディティを勧められてしまいました。
スクロールできるとマネックス証券が扱っている具体的なコモディティファンドが記述されているはずですが、ツールの不具合かなんなのかみることができず残念です。ただ完成度は高いので面白いですよね。

じゅん@さんの記事のリンクを追記しておきました。

>SJPさん
やはりスクロールできないですよね。本ブログにも検索ワード「MONEX VISION β スクロールできない」
で来られる方がいらっしゃるので結構起きている事象と思われます。
まだβ版なので改善版に期待です。

No title

お疲れ様です。
コモデティに投資する予定がない人には、投資対象からコモディティを
はずすとか、何も加えないとか、チェックボックス的なものがあると
いいんですね。

>矢向さん
そうですね。初期設定で投資対象に選ぶものを選択できるとよいと思っています。
コモディティだけでなくハイイールド債券も同様に対象にするかどうか選択必要ですね。

使いました~

私も使用してみました!
まったく逆の国内債券少なすぎ判定です(笑)
資産の額が少ないので定期預金で十分なんですが・・・。

そして同じくコモディティをおススメされましたが、買うか買わないか設定できるといいですね(^-^)
私のような初心者にはちょうどいいツールです♪
キレイですし

ちなみに私はスクロールしなくても画面上にちょうど収まっていました。
何かの設定でしょうか?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>suikazuraさん
ネットバンクの定期預金で良いと思います。
少し国内債券インデックスを保有していると株式クラスと逆相関で楽しかったりしますが。
ツール自体はコモディティやハイイールド債券など各種投資対象を設定できるとほぼ完璧かと思います。

スクロールできるできないはなんの設定の違いなのでしょうね。。
プロフィール

kenz

Author:kenz
川崎在住の40代サラリーマンのケンズ (kenz)です。
妻(専業主婦)と二人です。2007年からはじめたインデックス投資の日々を記録します。

FacebooktwitterRSS

follow us in feedly



【メディア掲載履歴】
・【完全ガイドシリーズ255】投資信託完全ガイド
・Yen SPA! (エンスパ) 2019年 夏号
・ダイヤモンド・ザイ 2019年7月号
・ほったらかし投資完全ガイド 最新版
・ITmedia 個人投資家列伝
・Yen SPA! (エンスパ) 2019年 冬号
・株&投資信託大全
・投資信託完全ガイド
・日経ヴェリタス 2018年6月3日号
・日本経済新聞電子版 投信コラム
・「ほったらかし投資完全ガイド」
・東証 マネ部!にインデックス投資手法と投資に対する考え方の記事が掲載”
・「東証 マネ部!」と「webR25」初心者にオススメの投資先”
・東証 マネ部! 人気投資ブロガーが推奨する“初心者向け投資法”
・BIG tomorrow2016年12月号増刊
・BIG tomorrowマネー2016年10月号
・ビッグトゥモロウ2016年8月号
・日経ヴェリタス 2016年2月14日号
・ザイ・オンライン2016年1月13日
・Yen SPA! (エンスパ) 2016年 冬号
・日経ヴェリタス2015年11月15日号
・週間SPA!(スパ!) 2015年10/27号
・日経ヴェリタス2015年4月5日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2015年 冬号
・日経ヴェリタス2014年7月6日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2014年 夏号
・Yen SPA! (エンスパ) 2013年 夏号
・日経ヴェリタス2012年6月24日号
・日経ヴェリタス2012年4月29日号
・ネットマネー2012年6月号
・読売新聞2012年1月5日朝刊
・ビッグトゥモロウ11年12月号
・『THE21』2011年10月号
・Yen SPA (エンスパ)2011年夏号


【リンク】
当ブログはリンクフリーです。どの記事もご自由にリンク下さい。

メール(管理人への連絡はこちら)

クリックでメールフォームを表示

カテゴリ


最新記事
検索 (ブログ or Web内)
カスタム検索
スポンサーリンク
カウンター
注意事項
最終的な投資判断については自己責任でお願いいたします。未来は予見できないため、当ブログ内の情報により被った損害について一切の責任を負いかねます。
スポンサー リンク
Facebook
月次ページランキング
ブログパーツ
はてなブックマーク
月別アーカイブ
逆アクセスランキング



他の多くのお役立ち投資関連ブログは以下からどうぞ。
人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
厳選相互リンク
fx 比較