Top Page > 記事感想 > 公的年金、新興国株にも投資

公的年金、新興国株にも投資


Nikkei / smhsh


過去記事 公的年金、新興国株に投資へ 10年度にも、利回り向上狙う の続報となる本日の日本経済新聞の記事です。


日本の公的年金を運用するGPIFが、先進国株式への投資配分の一部を新興国株式に充てる方針を固めたと報じられています。


日本経済新聞記事  「公的年金、新興国株にも投資 給付拡大に備え」

公的年金の積立金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は、中国、インドなど新興国市場に上場する企業の株式に投資対象を拡大する方針を固めた。2011年夏をめどに、現在は先進国企業に原則限定している外国株投資枠の資金を配分し、実際に投資を始める。年金給付額の拡大に対応するために、新興国投資のノウハウ蓄積を進める狙い。

今回の見直しでは、基本的な資産構成の大枠(国内債券67%、国内株式11%、外国債券8%、外国株式9%、短期資産5%)は変えずに、新興国の成長を取り込む運用へ一歩踏み出す格好だ。




GPIFの現資産配分



現在、外国株式クラスとして9%を先進国株式に投資しています。
この一部を新興国株式に割り当てることを充てるとのことです。



所感

新興国株式は、たしかに国際分散投資には欠かせない資産クラスです。
ただ、単純に先進国株式よりもリターンが向上するとは限りません。

過去のエントリ 日経記事 インデックスがだめなら個別銘柄投資へに対する意見 にも書きましたが、以下を理解しておく必要があります。

その国の期待される経済成長率が低い(高い)からといって株式投資期待リターンも低い(高い)とは限らない。
(新興国投資も、成長率が高いことが予想される分、現株価もそれを織り込んで高くなっている可能性に注意する必要があるのと同じです)



リターンを底上げするのは、どこの成長分野へ投資するかということよりも圧倒的に資産配分の影響が大きいです。
新興国株式へも投資する分散効果により、リスク-リターンのシャープレシオは上がるので無意味ではないですが、まずは上記の基本4資産の資産構成を見直した方が良さそうです。

また、各クラスへのインデックス運用が主ですが、一部アクティブ運用を行っていてその部分は見事にインデックスを下回る成績でした。GPIFは100%インデックス運用にすべきかと考えます。


個人的には、(国内債券67%を固定にしたとしても)国内株式と外国債券の配分が高すぎると感じています。
外国株式の配分を少し上げるだけでも(リスクも上がりますが)リターン底上げにつながるはずです。

厚労省が09年に示した公的年金の財政検証では、20年度以降の運用利回りを年4.1%に置いている。これによって、厚生年金の標準的な受給額は現役世代の収入の約50%になるという。


それよりも、この配分で想定運用利回り年4.1%は無理があります。
現在は超低金利により国内債券が異常に値上がりしていますが、金利上昇時に下落するのでGPIFは金利上昇リスクを多く抱えています。
この利回りを達成するという前提でも受給額は50%なので、将来の年金受給には全く期待できそうにありません。

やはり自分年金作りをこつこつインデックス投資で行っていくことが重要と考えます。


関連記事

 公的年金、新興国株に投資へ 10年度にも、利回り向上狙う
 日経記事 インデックスがだめなら個別銘柄投資へに対する意見
関連記事



【theme : インデックス投資
【genre : 株式・投資・マネー

tag : GPIF 資産配分 インデックス投資

⇒comment

Secret

No title

年金も色々と必死なのでしょうね(;´∀`)
無理とわかっていても新興国を投資対象に入れておかなければ、
後から文句を言われるのでしょうから(´・ω・`)

ただこれを見るとさらに自分で年金を作っていく必要性は増えますね(´ヘ`;)

No title

年金には期待を出来ない私です(^_^;)
需給まではまだまだ先なので貰えたらラッキーくらいの気持ちでいたいです。

記事の中でkenzさんのお名前を出させていただきました(*´ω`*)
無断で申し訳ありませんが、よろしくお願いします♪

>虫さん
我々全員に関係するGPIFの運用なのでチェック必須ですね。
利益が達成できないと我々の年金は減額されるばかりですので、ぶれずに投資してほしいものです。
自分年金の必要性はもうホント真剣に痛感しています。

> suikazuraさん
年金はあてにならないので自分でなんとか用意するしかなさそうです。
記事ではご自由に引用いただいて全く問題ありません。ブログ記事のカテゴリもうまく分類できておられるようでお役に立ててなによりです。ブログのカスタマイズは楽しいですよね。

ご無沙汰してます。

公的年金にかんするこの記事、非常にわかりやすくて勉強になります。私も資産配分をしっかり考えた運用を考えないといけないなぁ。。。 最近、まとまった貯金ができたので近々、購入を検討中です。 お互いコツコツ自分年金づくり頑張りましょう! 久しぶりの応援ポチ完了です。

>貯金術&節約術のおにぃさん
応援クリックありがとうございます。
公的年金だけではどうしても不足する可能性が高いので自分で補完する必要がありますね。
購入はすこしづつクラスや時期も分散するとよいと思います。

はじめまして。

> リターンを底上げするのは、どこの成長分野へ投資するかということよりも圧倒的に資産配分の影響が大きいです。

おっしゃる通りだと思います。
GPIFには、単にトレンドを追随するのではなく、
資産配分の「グランドデザイン」を示してもらいたいものです。

>カン・チュンドさん
コメントありがとうございます。ブログ、メルマガ等いつも拝見しております。
まさにおっしゃる通り、資産配分の「グランドデザイン」が最重要との認識です。
ただ、世の中はどの銘柄がお勧めか、これからは新興国か等、配分とはかけ離れた議論がほとんどなのが残念に感じています。
プロフィール

kenz

Author:kenz
川崎在住の40代サラリーマンのケンズ (kenz)です。
妻(専業主婦)と二人です。2007年からはじめたインデックス投資の日々を記録します。

FacebooktwitterRSS

follow us in feedly



【メディア掲載履歴】
・【完全ガイドシリーズ255】投資信託完全ガイド
・Yen SPA! (エンスパ) 2019年 夏号
・ダイヤモンド・ザイ 2019年7月号
・ほったらかし投資完全ガイド 最新版
・ITmedia 個人投資家列伝
・Yen SPA! (エンスパ) 2019年 冬号
・株&投資信託大全
・投資信託完全ガイド
・日経ヴェリタス 2018年6月3日号
・日本経済新聞電子版 投信コラム
・「ほったらかし投資完全ガイド」
・東証 マネ部!にインデックス投資手法と投資に対する考え方の記事が掲載”
・「東証 マネ部!」と「webR25」初心者にオススメの投資先”
・東証 マネ部! 人気投資ブロガーが推奨する“初心者向け投資法”
・BIG tomorrow2016年12月号増刊
・BIG tomorrowマネー2016年10月号
・ビッグトゥモロウ2016年8月号
・日経ヴェリタス 2016年2月14日号
・ザイ・オンライン2016年1月13日
・Yen SPA! (エンスパ) 2016年 冬号
・日経ヴェリタス2015年11月15日号
・週間SPA!(スパ!) 2015年10/27号
・日経ヴェリタス2015年4月5日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2015年 冬号
・日経ヴェリタス2014年7月6日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2014年 夏号
・Yen SPA! (エンスパ) 2013年 夏号
・日経ヴェリタス2012年6月24日号
・日経ヴェリタス2012年4月29日号
・ネットマネー2012年6月号
・読売新聞2012年1月5日朝刊
・ビッグトゥモロウ11年12月号
・『THE21』2011年10月号
・Yen SPA (エンスパ)2011年夏号


【リンク】
当ブログはリンクフリーです。どの記事もご自由にリンク下さい。

メール(管理人への連絡はこちら)

クリックでメールフォームを表示

カテゴリ


最新記事
検索 (ブログ or Web内)
カスタム検索
スポンサーリンク
カウンター
注意事項
最終的な投資判断については自己責任でお願いいたします。未来は予見できないため、当ブログ内の情報により被った損害について一切の責任を負いかねます。
スポンサー リンク
Facebook
月次ページランキング
ブログパーツ
はてなブックマーク
月別アーカイブ
逆アクセスランキング



他の多くのお役立ち投資関連ブログは以下からどうぞ。
人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
厳選相互リンク
fx 比較