Top Page > インデックスファンド > インデックスe(旧CMAM) > 記憶に残ったニュースまとめ(2010年)

記憶に残ったニュースまとめ(2010年)

新聞記事写真

この1年に私が記憶に残ったインデックス投資関連のプレスリリース6つを時系列でまとめました。

■1月  東証に初の先進国株式ETF(1680)、新興国株式ETF(1681)上場
■4月  低コストインデックスファンド CMAMインデックスeシリーズ登場
■6月  MAXISトピックス上場投信(1348)がカブドットコム証券でフリーETFに
■7月  eMAXIS全世界株式インデックス設定へ
■7月  STAMインデックスシリーズの信託報酬引き下げへ
■11月 MAXIS海外株式(MSCIコクサイ)(1550) 東証に上場へ




それぞれ詳細を見ていきます。

1月  東証に初の先進国株式ETF(1680)、新興国株式ETF(1681)上場

上場MSCIコクサイ株(1680)バナー
上場MSCIエマージング株(1681)バナー

ついに待望の先進国株式インデックス連動ETF、新興国株式インデックス連動ETFが東証に上場しました。
税制の問題から世界各国の株価指数先物+短期金利に主に投資する形になっていますが、有効に機能するかどうか様子をみています。乖離率低下等今後に期待しています。

関連記事

  東証に先進国株式、新興国株式ETFが上場へ!
  世界株価指数先物ETF(1680,1681)




4月 低コストインデックスファンド CMAMインデックスeシリーズ登場

インデックスファンドeシリーズ

既存の低コストインデックスファンドシリーズである、STAMインデックスやeMAXISインデックスに対しさらに低コストのCMAMインデックスシリーズが登場しました。
基本4資産クラスのみですが、すぐにCMAMインデックスeに購入ファンドを切り替えました。今後実質コストの確認は必要ですが、中央三井アセットマネジメントの取り組みを高く評価しています。

関連記事

  低コストインデックスファンドCMAMシリーズが今月から購入可能に
  CMAMシリーズ SBI証券で購入可能です
  CMAMインデックスはもっと評価されるべき




6月 MAXISトピックス上場投信(1348)がカブドットコム証券でフリーETFに

MAXISトピックス上場投信(1348)小サイズ

MAXISトピックス上場投信(1348)がフリーETFになったことで手数料無料で10口(9000円前後)単位で購入できるようになりました。日本株式クラスにおいてはインデックスファンドでなく1348をスポット購入するようになりました。

関連記事

  カブドットコム証券 ETF3銘柄の手数料無料化
  フリーETF(1348)をカブドットコム証券で購入してみた




7月 eMAXIS全世界株式インデックス設定へ

eMAXIS全世界株式インデックス_投資領域


個人的には先進国+新興国株式インデックス全体に1本で投資できるeMAXIS全世界株式インデックスの登場はビッグニュースでした。ただ信託報酬が高めで、CMAM外国株式インデックス+eMAXIS新興国株式インデックスを85:15で別々に購入した方がコストが安くなることからそれほど話題にはなりませんでしたがとても惜しかったと思っています。
三菱UFJ投信の投資家の目線に立った取り組みを高く評価しています。

関連記事

  全世界株式インデックスがeMAXISシリーズに7/20より追加へ
  ACWI (全世界株式インデックス) 国別構成比ACWI (全世界株式インデックス) 国別構成比




7月 STAMインデックスシリーズの信託報酬引き下げへ

低コストでお馴染みのSTAMインデックスシリーズ

純資産額の増加に伴い、全STAMインデックスシリーズ(世界経済インデックスファンド含)の信託報酬を7/30から
引き下げたことは驚きでした。
競合となる他の低コストインデックスファンドへの対抗もあったかと思いますが、他のファンドも信託報酬引き下げの可能性があるため互いに競争してもらうことを期待しています。

関連記事

  信託報酬引下げへ(STAMシリーズ+世界経済インデックスの計9ファンド)




11月 MAXIS海外株式(MSCIコクサイ)(1550) 東証に上場へ

MAXIS海外株式(MSCIコクサイ)(1550)

1680と同様に先進国株式ETFですが、株価指数先物に主に投資する1680と異なり、現物株運用&フリーETFのMAXIS 海外株式(MSCIコクサイ)上場投信(1550)は今後の先進国株式クラスの投資対象として着目しています。
海外の税制の問題をどうするのか、乖離率など今後も動向をチェックしたいと思います。

関連記事

  MAXIS海外株式(MSCIコクサイ)上場投信 設定
  MAXIS海外株式(MSCIコクサイ)上場投信の投資対象
  MAXIS海外株式(MSCIコクサイ)上場投信がフリーETF対象に




今後の期待

ここ数年で急激に投資家側に有利な商品が出てきていると感じています。
来年もより投資環境が良くなるようなニュースに期待したいです。

この記事が今年の最終となります。
ブログを訪問いただいた皆さま、コメントいただいた皆様ありがとうございました。
来年も引き続きよろしくお願いいたします。
関連記事



【theme : 投資信託
【genre : 株式・投資・マネー

tag : CMAMインデックスシリーズ STAMインデックス eMAXISインデックス フリーETF

⇒comment

Secret

プロフィール

kenz

Author:kenz
川崎在住の40代サラリーマンのkenz (けんず)です。
妻(専業主婦)と二人です。2007年からはじめたインデックス投資の日々を記録します。

FacebooktwitterGooglePlusRSS

follow us in feedly



【メディア掲載履歴】
・投資信託完全ガイド
・日経ヴェリタス 2018年6月3日号
・日本経済新聞電子版 投信コラム
・「ほったらかし投資完全ガイド」
・東証 マネ部!にインデックス投資手法と投資に対する考え方の記事が掲載”
・「東証 マネ部!」と「webR25」初心者にオススメの投資先”
・東証 マネ部! 人気投資ブロガーが推奨する“初心者向け投資法”
・BIG tomorrow2016年12月号増刊
・BIG tomorrowマネー2016年10月号
・ビッグトゥモロウ2016年8月号
・日経ヴェリタス 2016年2月14日号
・ザイ・オンライン2016年1月13日
・Yen SPA! (エンスパ) 2016年 冬号
・日経ヴェリタス2015年11月15日号
・週間SPA!(スパ!) 2015年10/27号
・日経ヴェリタス2015年4月5日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2015年 冬号
・日経ヴェリタス2014年7月6日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2014年 夏号
・Yen SPA! (エンスパ) 2013年 夏号
・日経ヴェリタス2012年6月24日号
・日経ヴェリタス2012年4月29日号
・ネットマネー2012年6月号
・読売新聞2012年1月5日朝刊
・ビッグトゥモロウ11年12月号
・『THE21』2011年10月号
・Yen SPA (エンスパ)2011年夏号


【リンク】
当ブログはリンクフリーです。どの記事もご自由にリンク下さい。

メール(管理人への連絡はこちら)

クリックでメールフォームを表示

カテゴリ


最新記事
検索 (ブログ or Web内)
カスタム検索
スポンサーリンク
カウンター
注意事項
最終的な投資判断については自己責任でお願いいたします。未来は予見できないため、当ブログ内の情報により被った損害について一切の責任を負いかねます。
スポンサー リンク
Facebook
月次ページランキング
ブログパーツ
はてなブックマーク
月別アーカイブ
逆アクセスランキング



他の多くのお役立ち投資関連ブログは以下からどうぞ。
人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
厳選相互リンク
fx 比較