2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

資産配分の確認(2011/4/29)

CATEGORYMy資産配分
アセットアロケーション
  Image: digitalart / FreeDigitalPhotos.net



月末の資産配分を確認します。

今月は、途中で少し円高株安になった以外は、堅調に株高になったため、追加購入の機会を逃し月2回の購入になりました。
そのため通常月より購入金額は少なめです。


アセットアロケーション

現資産配分(4/29)

リスク資産配分(2011年4月29日)




参考: 資産配分(4/10)

 資産配分(4/10)

リスク資産配分(2011年4月10日)




目標資産配分

目標資産配分比率(2011年4月)で決めた目標資産配分は以下比率です。

リスク資産配分目標配分比率(2011年4月)




今月の購入ファンド

今月の購入ファンドは以下になります。

・日本株式(@SBI証券
  CMAM日本株式インデックスe


・日本債券(@楽天証券)
  DLIBJ公社債オープン(短期)  


・先進国株式(@SBI証券
  CMAM外国株式インデックスe


・新興国株式(@SBI証券
  eMAXIS新興国株式インデックス 


各クラスともできるだけ低コストのファンドを購入しています。

また、DLIBJ公社債オープン(短期)は、 楽天証券キャンペーンのため公社債投信購入で紹介した楽天銀行の積立キャンペーンにて購入しました。
こういったキャンペーンは最大限有効活用すべきです。

関連記事

 CMAM・eMAXIS・STAMインデックス実質コスト分析
 CMAMインデックスeはもっともっと評価されるべき
 楽天証券 春の投信積立キャンペーン



終わりに

今後も目標資産配分に向け、外国株式クラスの比率を上げ、債券クラスの比率を下げるようすこしづつアセットアロケーションを調整していきます。


関連記事

 保有している投資信託まとめ(2010年12月)

 [2012.03.03追記]
 リスク資産配分比率の確認 (2012/02/27) 
関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.