2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

マネックス資産設計ファンド 資産配分変更(2011年度版)

マネックス資産設計ファンド基本資産配分比率の見直し(比率変更)

1年前の記事 マネックス資産設計ファンド 資産配分変更(2010年度版) ででとりあげたマネックス資産設計ファンドの今年4月からの資産配分が判明しました。


マネックス資産設計ファンド 2011年4月配分変更

マネックス資産設計ファンド基本資産配分見直し2011年4月

マネックス証券  「マネックス資産設計ファンド」基本資産配分比率の見直し


外国株式(先進国株式)を+1%、日本リートを-1%に微調整した他は変化ありません。



資産配分変更履歴 時系列

過去の資産配分比率を時系列で並べてみます。

1. 設定当初の配分 (サブプライム問題前 株式36% 債券42% REIT 22%)

マネックス資産設計ファンドの設定当初の基本資産配分



2. 08年4月 配分変更 (株価下落にびびり 株式31% 債券48% REIT 21% )

2008年4月 マネックス資産設計ファンドの基本資産配分



3. 09年4月 配分変更 (さらに弱腰になり 株式29% 債券59% REIT 12% )

2009年4月 マネックス資産設計ファンドの基本資産配分



4. 10年4月 配分変更 (1年半ぶり高値の株式比率UP! 株式34% 債券55% REIT 11% )

2010年4月 マネックス資産設計ファンドの基本資産配分



5. 11年4月 配分変更 (微調整のみでほとんど変更せず 株式35% 債券55% REIT 10% )

2011年4月 マネックス資産設計ファンドの基本資産配分




所感

バタバタ慌てて配分比率をいじってはいけない



以下のように一見難しそうなことを言っていますが、結果的に、株価が下がれば株式クラスの比率を下げ、相場が回復してくると株式クラスの比率を上げているだけです。
イボットソンが違うと言っても結果的にそうなっています。

当ファンドは、ファンドのリスクを一定の水準に保つため、原則として年1回基本資産配分比率の見直しを行いますが、短期的な予測に基づき配分比率を機動的に変更するTAA(タクティカル・アセット・アロケーション)ではありません。


「3. 09年4月 配分変更」を見てもらえるとお分かりの通り、リーマンショック後の先進国株式が最も下落した時に配分比率を9%まで下げています。

バランスファンドにしろ、個人の配分比率にしろ決して参考にして良い手法ではありません。


将来の値動きは過去の値動きとは無関係であることを認識すること


バックミラー
back of the mirror / Genista
 

過去の説明では、以下のように一見もっともらしい手法だと説明していますが、過去の値動きのみで将来を予想している状態です。車の運転でいうとバックミラーを見ながら運転しているだけです。

リスクを抑える(毎年各資産クラスのリスク-リターンを更新し、効率的フロンティア上において、リスクが約8%になる点の資産配分を採用するという手法。




バランスファンドのリバランス効果の比較対象が間違っている

「マネックス資産設計ファンド」基本資産配分比率の見直し

バランスファンドの優位性として、以下のように解説されています。

投資対象の6資産について、当ファンドの基本資産配分比率で保有し年1回のリバランスを行った場合と、均等に6分の1ずつ投資しそのままバイ&ホールドした場合とで、運用成果をシミュレーション比較しました。

その結果、2007年の運用開始から2011年4月8日までの期間において、6資産に均等投資しそのまま放置したポートフォリオに対して、当ファンドの基本資産配分比率は優位なパフォーマンスであったことが示されました。


これは、比較対象を均等に6分の1ずつ投資しそのままバイ&ホールドした場合にしている時点で間違いです。ファンド設定当初の配分(以下)をバイ&ホールドした場合と比較すべきです。

1. 設定当初の配分 (サブプライム問題前 株式36% 債券42% REIT 22%)

マネックス資産設計ファンドの設定当初の基本資産配分


おそらくこの場合の比較だと都合のよい結果が出なかったための苦肉の策だと予想します。
均等に6分の1ずつ投資しそのままバイ&ホールドした場合との比較などされても、全く意味がありません。



終わりに

目標資産配分は各人毎に異なりますが、一度決めたらその配分を守ることで結果的に、割安の資産を安く買い、割高の資産を売却する効果があります。
もしくは、割安の資産をより安く買うためにその資産の比率を上げてもよいでしょう。
ただ間違っても下落した資産クラスの比率を下げてはいけません。

投資は何があっても継続しないと、「つみたて投資」の効果は得られません。
妙な雑音に惑わされることなくこつこつ投資を継続していきたいものです。

関連記事

 半値になっても儲かる「つみたて投資」



マネックス資産設計ファンド 関連記事

 マネックス資産設計ファンド 資産配分変更結果が楽しみ
 マネックス資産設計ファンドの資産配分変更(時系列)

 [2012.05.06追記] 資産配分比率が2012年4月1日に変更されました。
 マネックス資産設計ファンド 資産配分比率変更(2012年4月)

 [2013.04.29追記]
 マネックス資産設計ファンドの資産配分変更にフラグが立った件

 [2014.04.13追記]
 マネックス資産設計ファンド 基本配分比率を2014年4月に変更
関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

3Comments

There are no comments yet.

ひで

自作ファンド

まったく同感です。
勝手にいじられるよりは、自分でファンド作った方がよいかも知れませんね。

  • 2011/05/22 (Sun) 14:45
  • REPLY

Rocky

同感です。

詳細な分析、恐れ入ります。特に配分比率の時系列変化、とても参考になりました。

あのマネックスが、、、と残念?ですが、反面教師として勉強させてもらいます。

kenz

>ひでさん
私は自作ファンドにしています。
各資産クラスの最も低コストインデックスファンドを利用するだけでめちゃ簡単です。

>Rockyさん
お役に立てればなによりです。
当初より債券比率が異常に高くなっても信託報酬は当初から変わらず1%取るところも気にいらないです。
ただ反面教師として参考になるので記事にしています。