Top Page > アセットアロケーション > My資産配分 > 資産配分の確認(2011/5/29)

資産配分の確認(2011/5/29)

Pie Chart 4colors
   Image: digitalart / FreeDigitalPhotos.net


月末の資産配分を確認します。
今月は、先月より一転株安円高傾向に乗じて、目標配分に近づけるべく、いつもの月より積極的にインデックスファンドを購入しました。


アセットアロケーション

現資産配分(2011/5/29)

リスク資産配分円グラフ(2011年5月29日)




参考: 資産配分(2011/4/29)

 資産配分の確認(4/29)
リスク資産配分(2011年4月29日)




目標資産配分

目標資産配分比率(2011年4月)で決めた目標資産配分は以下です。

リスク資産配分目標配分比率(2011年4月)




今月の購入ファンド

今月の購入ファンドは以下になります。

・日本株式(@SBI証券)
  CMAM日本株式インデックスe


・先進国株式(@SBI証券)
  CMAM外国株式インデックスe


・先進国債券(@SBI証券 )
  CMAM外国債券インデックスe


・新興国株式(@SBI証券
  eMAXIS新興国株式インデックス


・海外REIT(@SBI証券
  eMAXIS先進国リートインデックス



各クラスともできるだけ低コストのファンドを購入しています。
また、投信の残高に応じて現金に交換可能なSBIポイントがたまるため、SBI証券で購入しています。
ポイント還元率は現時点で、マネックス証券他の証券会社より最も有利です。
これにより実質、SBI証券でのファンド購入は、同じファンドでも、最も信託報酬を下げることと同じ効果があります。

関連記事

 CMAM・eMAXIS・STAMインデックス実質コスト分析
 CMAMインデックスeはもっともっと評価されるべき



日本債券クラスの比率低減

また、日本債券クラスは、SBI債償還の他、マネックス証券の投信キャンペーンで購入していたDLIBJ公社債オープン(短期コース)を利益確定の売却することにより意図的に比率を減らしました。
その現金化した資金を他資産クラスに投入しています。

関連記事

 SBI債(第13回) 満期償還
 マネックス証券の投信キャンペーン



終わりに

今後も目標資産配分に向け、新興国株式や海外REITの比率をチャンスがあれば徐々に増やしていく予定です。



関連記事

 保有している投資信託まとめ(2010年12月)

 [2013.06.05追記]
 各資産クラス別の保有全投資信託とETFまとめ (2013年4月末)
関連記事



【theme : インデックス投資
【genre : 株式・投資・マネー

tag : CMAM外国株式インデックスe eMAXIS新興国株式インデックス

⇒comment

Secret

外貨比率

お世話になります。
色々と調べたのですが、なかなか理解出来ませんでしたのでこちらでお尋ねします。

私は現時点で、国内の証券会社を通して、国内生成のファンドを購入しています。
STAMやCMAM等です。主に先進国株式や、REIT、新興国株式です。
この場合には、私は外貨資産を所有している事になるのでしょうか?

ある人は、日本円を交換して外国株や先物を購入しているのだから外貨資産であると言います。例えファミリーファンドでもファンド・オブ・ファンズでも同じさといいます。
またある人は、日本円で支払い、日本円で受け取るのだから円資産だよ。といいます。

どちらもそう言われればそうだなぁと納得してしまいます。
資産は外貨にも配分したいと思っておりますので、否ならば考え直さなくてはなりません。
あくまでも私が判断いたしますが、参考までにお考えをお聞かせ下されば幸いです。
よろしくお願い致します。



Re: 外貨比率

>jjさん
海外の先進国株式や、REIT、新興国株式クラスを保有している場合は、外貨資産を保有していることになります。
マイクロソフトもアップルもドル建てで持っています。
日々の基準価額は「円に戻したらこの価格」として算出しています。

売却した時に初めて円に転換されるので、それまでは各国の通貨建てで保有しています。

> またある人は、日本円で支払い、日本円で受け取るのだから円資産だよ。といいます。
よって↑は間違いです。

No title

ご回答ありがとうございます。
保有時は外貨資産だということでホットしました。

売却時に円転されて初めて円資産になるとの事で、デフォルト等の際にも安心して
保有し続けられます。ただその時は、売るに売れない状態になりそうですが・・・。

ありがとうございました。またよろしくお願いします。

あ、追伸です。
SBI証券は6月末にMRF買い付けの停止を実行しますが、未成年口座保有者は
MRFの新規買付停止の対象外となりますので、満20歳を迎える日の翌営業日まで、
現在のままMRFの新規買付が可能になりました。既にご存知なら失礼しました。


>jjさん
お役に立ててなによりです。



プロフィール

kenz

Author:kenz
川崎在住の40代サラリーマンのケンズ (kenz)です。
妻(専業主婦)と二人です。2007年からはじめたインデックス投資の日々を記録します。

FacebooktwitterRSS

follow us in feedly



【メディア掲載履歴】
・【完全ガイドシリーズ255】投資信託完全ガイド
・Yen SPA! (エンスパ) 2019年 夏号
・ダイヤモンド・ザイ 2019年7月号
・ほったらかし投資完全ガイド 最新版
・ITmedia 個人投資家列伝
・Yen SPA! (エンスパ) 2019年 冬号
・株&投資信託大全
・投資信託完全ガイド
・日経ヴェリタス 2018年6月3日号
・日本経済新聞電子版 投信コラム
・「ほったらかし投資完全ガイド」
・東証 マネ部!にインデックス投資手法と投資に対する考え方の記事が掲載”
・「東証 マネ部!」と「webR25」初心者にオススメの投資先”
・東証 マネ部! 人気投資ブロガーが推奨する“初心者向け投資法”
・BIG tomorrow2016年12月号増刊
・BIG tomorrowマネー2016年10月号
・ビッグトゥモロウ2016年8月号
・日経ヴェリタス 2016年2月14日号
・ザイ・オンライン2016年1月13日
・Yen SPA! (エンスパ) 2016年 冬号
・日経ヴェリタス2015年11月15日号
・週間SPA!(スパ!) 2015年10/27号
・日経ヴェリタス2015年4月5日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2015年 冬号
・日経ヴェリタス2014年7月6日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2014年 夏号
・Yen SPA! (エンスパ) 2013年 夏号
・日経ヴェリタス2012年6月24日号
・日経ヴェリタス2012年4月29日号
・ネットマネー2012年6月号
・読売新聞2012年1月5日朝刊
・ビッグトゥモロウ11年12月号
・『THE21』2011年10月号
・Yen SPA (エンスパ)2011年夏号


【リンク】
当ブログはリンクフリーです。どの記事もご自由にリンク下さい。

メール(管理人への連絡はこちら)

クリックでメールフォームを表示

カテゴリ


最新記事
検索 (ブログ or Web内)
カスタム検索
スポンサーリンク
カウンター
注意事項
最終的な投資判断については自己責任でお願いいたします。未来は予見できないため、当ブログ内の情報により被った損害について一切の責任を負いかねます。
スポンサー リンク
Facebook
月次ページランキング
ブログパーツ
はてなブックマーク
月別アーカイブ
逆アクセスランキング



他の多くのお役立ち投資関連ブログは以下からどうぞ。
人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
厳選相互リンク
fx 比較