Top Page > インデックスファンド > SMT(旧STAM) > STAMインデックスファンドシリーズ(2011年5月決算) 実質コスト

STAMインデックスファンドシリーズ(2011年5月決算) 実質コスト

チャートと虫眼鏡
Image: FreeDigitalPhotos.net


STAMインデックスシリーズ全9ファンドの最新の運用報告書が出そろいました。


既に、じゅん@さん、水瀬ケンイチさんが記事にされています。
 STAMインデックスシリーズ第7期運用報告書(2011年5月) | 投信で手堅くlay-up!
 STAMインデックスシリーズの実質コスト(2011年5月決算) | 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー


数値を参考にしながら、実質コスト(概算)を以下にまとめました。


STAMインデックスシリーズ 実質コスト

 ファンド (運用報告書にリンク) 信託報酬(%) 信託報酬その他  実質コスト
 STAM 日経225インデックス 0.42% 22円 0円 0.42%
 STAM TOPIXインデックス 0.4725% 15円 0円 0.47%
 STAM国内債券インデックス 0.42% 22円 0円 0.42%
 STAMグローバル株式インデックス  0.63% 21円 2円 0.69%
 STAMグローバル債券インデックス 0.5775% 23円 1円 0.60%
 STAM新興国株式インデックス 0.6825% 63円 31円 1.02%
 STAM新興国債券インデックス 0.63% 40円 19円 0.93%
 STAM J-REITインデックス 0.525% 19円 2円 0.58%
 STAMグローバルREITインデックス 0.6825% 24円 9円 0.94%



所感

STAMインデックスシリーズに限りませんが、やはり新興国株式と新興国債券、世界リートクラスは信託報酬以外にコストがかかり、トータルの実質コストが高くなっています。

新興国株式、債券インデックスのコスト要因

新興国株式/債券クラスは、やはり売買手数料が先進国に比べ高くなりがちなこと、保管費用もかかりがちなことがこの実質コストが大きくなる要因です。
新興国への投資には、先進国への投資とはそのコスト差分リターンが低下することも考えたうえで資産配分を決める必要があります。

ただ、STAM新興国株式インデックスの実質コストは毎回約1.0%前後で抑えてあり、eMAXIS新興国株式インデックス等他ファンド含め、最も実質コストが低く優秀です。

特に、新興国債券の実質コストは新興国株式のコストとほぼ変わりません。債券と株式の期待リターン差を考えると、新興国債券クラスがリスクに見合うか検討の必要があります。
(私は新興国債券を投資対象にしていません)


先進国REITインデックスのコスト要因

また、先進国リートクラスにも信託報酬以外の実質コストが高くなっています。
これは、先日の三菱UFJ投信 eMAXIS第4回ブロガーミーティングで判明した以下要因のためです。

売買費用だけでなく、リートは保有しているだけでコストがかかることと、もう一つは(株式と異なり)指数先物に相当するものがリートには存在しないため、注文が入ると必ず現物を買わないといけないことも保管費用UPにつながってしまうとのことです。


リートクラスの投資へ偏ることのないよう注意したいです。
(私は先進国リートの配分はリスク資産の5%以下にしています。)

 参考: 目標資産配分比率(2011年4月)



終わりに

低コストインデックスファンドの先駆けであるSTAMインデックスシリーズは私もまとまった金額を保有しています。
コストだけは計算可能な確実にリターンに影響を与える要素です。
今後もさらなる低コスト運用を行ってもらうことに期待しています。



関連記事

 CMAM・eMAXIS・STAMインデックス実質コスト分析
 CMAMインデックスeはもっともっと評価されるべき
 STAM新興国株式インデックス運用報告書
 STAMグローバルREITインデックス 実質コスト低下
 各資産クラス毎の実質コスト最安インデックスファンドまとめ

 [2011.11.10追記]
 野村インデックスファンド(Funds-i) (2011年9月6日決算) 実質コスト

 [2011.12.11追記] STAMインデックスシリーズの運用報告書(2011年11月決算)が発行されました。
 STAMインデックスファンドシリーズ(2011年11月決算) 実質コスト

 [2013.06.11追記] 実質コストを最新版に更新しました。
 SMTインデックスシリーズ(2013年5月決算) 実質コストまとめ

 [2013.12.09追記] SMTインデックスシリーズの第7期決算の実質コストを計算しました。
 SMTインデックスシリーズ(2013年11月決算) 実質コスト更新表

 [2014.06.07追記]
 SMTインデックスシリーズ全14ファンドの実質コストまとめ

 [2014.12.09追記]
 SMTインデックスシリーズ全16ファンドの実質コストまとめ(2014年12月)
関連記事



【theme : インデックス投資
【genre : 株式・投資・マネー

tag : STAMインデックスシリーズ 運用報告書

⇒comment

Secret

No title

素晴らしい情報ありがとうございます。
新興国とREITのコストに関しては、信託報酬以外のものもかなりの寄与をするようですね。
インデックスファンドを選ぶときは、その点の比較も大切だと思いました。

新興国債券の保有は、いろいろな考え方があると思います。
組み入れれば、保有する資産全体のリスクは減るはずです。
また、株が急落・債券価格は上昇した局面で、株に押し目買いを入れるときの財源にあてることができます。

確かに新興国債券ファンド単体での魅力は薄いですが、保有を検討する価値は、私は十分にあると思います。

>Kapokさん
おっしゃる通り実質コストは大変重要ですね。トラッキングエラーと合わせ比較する必要がありますね。

新興国債券については指摘いただいている分散効果、財源として私は先進国債券クラスにて代用しています。
単にコストが新興国債券は高いからだけで、私も分散効果を否定しているものではありません。
個人的には新興国債券を購入する分も新興国株式に充てています。
プロフィール

kenz

Author:kenz
川崎在住の40代サラリーマンのkenz (けんず)です。
妻(専業主婦)と二人です。2007年からはじめたインデックス投資の日々を記録します。

FacebooktwitterGooglePlusRSS

follow us in feedly



【メディア掲載履歴】
・投資信託完全ガイド
・日経ヴェリタス 2018年6月3日号
・日本経済新聞電子版 投信コラム
・「ほったらかし投資完全ガイド」
・東証 マネ部!にインデックス投資手法と投資に対する考え方の記事が掲載”
・「東証 マネ部!」と「webR25」初心者にオススメの投資先”
・東証 マネ部! 人気投資ブロガーが推奨する“初心者向け投資法”
・BIG tomorrow2016年12月号増刊
・BIG tomorrowマネー2016年10月号
・ビッグトゥモロウ2016年8月号
・日経ヴェリタス 2016年2月14日号
・ザイ・オンライン2016年1月13日
・Yen SPA! (エンスパ) 2016年 冬号
・日経ヴェリタス2015年11月15日号
・週間SPA!(スパ!) 2015年10/27号
・日経ヴェリタス2015年4月5日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2015年 冬号
・日経ヴェリタス2014年7月6日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2014年 夏号
・Yen SPA! (エンスパ) 2013年 夏号
・日経ヴェリタス2012年6月24日号
・日経ヴェリタス2012年4月29日号
・ネットマネー2012年6月号
・読売新聞2012年1月5日朝刊
・ビッグトゥモロウ11年12月号
・『THE21』2011年10月号
・Yen SPA (エンスパ)2011年夏号


【リンク】
当ブログはリンクフリーです。どの記事もご自由にリンク下さい。

メール(管理人への連絡はこちら)

クリックでメールフォームを表示

カテゴリ


最新記事
検索 (ブログ or Web内)
カスタム検索
スポンサーリンク
カウンター
注意事項
最終的な投資判断については自己責任でお願いいたします。未来は予見できないため、当ブログ内の情報により被った損害について一切の責任を負いかねます。
スポンサー リンク
Facebook
月次ページランキング
ブログパーツ
はてなブックマーク
月別アーカイブ
逆アクセスランキング



他の多くのお役立ち投資関連ブログは以下からどうぞ。
人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
厳選相互リンク
fx 比較